アイオー、超解像技術「ギガクリア・エンジンII」搭載23.8型ワイド/27型ワイド液晶は11月中旬発売

2014.10.15 13:00 更新

2014.10.15 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市)は2014年10月15日、三菱電機の液晶ディスプレイに採用されていた超解像度技術や独自高画質技術を備えた専用LSI「ギガクリア・エンジンII」搭載23.8型ワイド「LCD-RDT241XPB」、27型ワイド「LCD-RDT271XPB」を発表した。発売は11月中旬の予定。

「ギガクリア・エンジンII」搭載モデル間もなく登場

LCD-RDT241XPB 市場想定売価税抜39,800円前後(11月中旬発売)
http://www.iodata.jp/news/2014/newprod/lcd-rdt241xpb.htm
LCD-RDT271XPB 市場想定売価税抜54,800円前後(11月中旬発売)
http://www.iodata.jp/news/2014/newprod/lcd-rdt271xpb.htm

「東京ゲームショウ2014」での参考展示アナウンスから約1ヶ月。三菱電機の液晶ディスプレイに採用されていた、超解像度技術や独自高画質技術を備えた専用LSI「ギガクリア・エンジンII」搭載モデルが、11月中旬より発売される事になった。ラインナップは23.8型ワイド「LCD-RDT241XPB」と、27型ワイド「LCD-RDT271XPB」の2機種で、前者は約6.4mmの極細フレームを採用する。

超解像チップ「ギガクリア・エンジンII」は、独自画像処理アルゴリズムに基づき、映像ソースに応じた適切な処理を複合的に行い、高画質化を実現。肌色検出をはじめ、ブロックノイズリダクション、エリアコントラスト、ダイナミックコントラスト、10bitガンマ補正、階調数拡張処理、色変換処理により、自然な美しい映像を映し出す事ができる。

液晶パネルは高透過率AH-IPSパネルを採用。視野角は上下左右178°で、どこから見ても色味の変化が少ない。加えて業界最速クラスを謳う高応答IPS方式は、オーバードライブ機能を使用することで、3.2ms(GTG)を実現。内部フレーム遅延時間は0.1フレーム(スルーモードオン時)で、動きの速いゲームで威力を発揮する。

LCD-RDT241XPB LCD-RDT271XPB

その他、複数の映像ソースを同時に1つの画面に表示が可能。親画面内に子画面を表示するPinP(Picture in Picture)、子画面を外側に表示させるPoutP(Picture out Picture)に対応。MHL対応スマートフォンやタブレットをMHLケーブル(別売り)で接続することで、スマホの縦横表示を自動で切り替える事ができる。

「LCD-RDT241XPB」は、外形寸法W540×D170×H361~391mm、重量4.8kg。最大表示解像度は1,920×1,080で、最大輝度250cd/㎡、コントラスト比1,000:1。インターフェイスはDVI-D(HDCP)×1、HDMI(MHL対応)×1、D端子×1、HDMI×1、D-Sub×1。2W+2Wステレオスピーカー内蔵。

「LCD-RDT271XPB」は、外形寸法W643×D230×H445mm、重量6.8kg。最大表示解像度は1,920×1,080で、最大輝度250cd/㎡、コントラスト比1,000:1。インターフェイスはDVI-D(HDCP)×1、HDMI(MHL対応)×1、D端子×1、HDMI×1、D-Sub×1。2.5W+2.5Wステレオスピーカー内蔵。

LCD-RDT241XPB LCD-RDT271XPB

文: GDM編集部 松枝 清顕
株式会社アイ・オー・データ機器: http://www.iodata.jp/

totop