Apacer、SLC NANDで最大容量256GBのmSATA SSD「mSATA A1」などスリムSSD 2種リリース

2014.10.07 19:20 更新

2014.10.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Apacer Technology Inc.(本社:台湾)は2014年10月7日、1xnm Toggle NANDを採用するSATA3.0 SSD「mSATA A1」「SFD18S6」を発表した。NANDタイプはSLCとMLCが選択でき、最大容量は256GB。
  • Apacer、SLC NANDで最大容量256GBのmSATA SSD「mSATA A1」などスリムSSD 2種リリース

1xnm世代のToggle NAND採用のスリム型SATA3.0 SSD

mSATA A1
SFD18S6
http://jp.apacer.com/
※掲載時、製品情報なし

Apacerから、SATA3.0(6Gbps)インターフェイスに対応する、スリムSSD「mSATA A1」および「SFD18S6」がリリースされた。

フォームファクタは「mSATA A1」がMO-300準拠のmSATA、「SFD18S6」がMO-297準拠のハーフスリムで、NANDフラッシュには1xnm世代のToggle DDR2.0 NANDを採用。NANDタイプは-40~85℃の広温度域に対応するSLCと、コストパフォーマンスに優れるMLCが選択でき、容量はいずれも最大256GB。

転送速度はSLCモデルが、シーケンシャル読込530MB/sec、書込445MB/sec、ランダムアクセス76,000 IOPS。MLCタイプは、シーケンシャル読込530MB/sec、書込460MB/sec、ランダムアクセス79,000 IOPSの高速アクセスを実現。また新プロセス技術の採用により、アイドル時の電力消費はこれまでに比べて50%以上削減されているという。

その他、DEVSLPや40ビットECC(Error Correcting Code)などの標準機能に加え、Apacer独自のリアルタイムモニタリングソフトウェア「SSDWidget」や「CoreSecurity」をサポート。さらにカスタムオプションとして、IP57認証の防水・防塵コーティングを行うこともできる。

文: GDM編集部 池西 樹
Apacer Technology Inc.: http://jp.apacer.com/

totop