RAIJINTEK、アルミパネル採用のコンパクトMini-ITXケース「METIS」シリーズ発表

2014.09.05 10:45 更新

2014.09.04 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
RAIJINTEK Corporation(本社:台湾)は2014年9月4日(現地時間)、ヘアライン加工のアルミパネルを採用する、Mini-ITXケース「METIS」シリーズを発表した。ラインナップはアクリルウィンドウを備える「METIS」と、非搭載の「METIS CLASSIC」で、本体カラーは6色展開。

RAIJINTEK初のMini-ITXケースが正式リリース

METISシリーズ
METIS(アクリルウィンドウ搭載)
METIS CLASSIC(アクリルウィンドウ非搭載)
ブラック/レッド/シルバー/ブルー/グリーン/イエロー
http://www.raijintek.com/en/products_detail.php?ProductID=17

「COMPUTEX TAIPEI 2014」にてお披露目された、RAIJINTEK初のMini-ITXケース、「METIS」シリーズが正式リリースされた。

「COMPUTEX TAIPEI 2014」のRAIJINTEKブースレポートで一報をお届けした「METIS」シリーズが正式リリース

「METIS」シリーズは、ヘアライン仕上げの厚さ1.5mmアルミニウムパネルを採用した、スタイリッシュな外観デザインが特徴。製品ラインナップは、アクリルウィンドウ搭載の「METIS」と、非搭載の「METIS CLASSIC」が用意され、それぞれ、ブラック/レッド/シルバー/ブルー/グリーン/ゴールドのカラーバリエーションを揃える。

W190×D277×H254mmのコンパクトサイズながら、拡張性にも優れパワフルなPCを構築できる

ドライブベイレイアウトは、3.5インチシャドウベイ×1、2.5インチシャドウベイ×2で、拡張スロットは2段(ツールフリー)。冷却システムは、リア120mmファン×1(標準装備)で、トップI/OポートはUSB3.0×2、HDオーディオを備える。

内部シャシーは0.5mm厚のSPCCで、オプションの電源ユニットは標準的なATXサイズを搭載可能。外形寸法は、W190×D277×H254mm。CPUクーラーは高さ160mm、グラフィックスカードは全長170mmまで対応する。

ブラック シルバー
ブルー グリーン
ゴールド

文: GDM編集部 池西 樹
RAIJINTEK Corporation: http://www.raijintek.com/

totop