住民基本台帳カードが読めるICカードスロット付き、3.5インチカードリーダーがアイネックスから

2014.09.04 17:00 更新

2014.09.04 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アイネックス(本社:東京都西東京市)は2014年9月4日、住民基本台帳カードに対応したICカードリーダーとUSB 2.0マルチメモリーカードリーダーが合体した、3.5インチ内蔵ドライブベイアクセサリ「PF-001CR」を発表した。出荷開始は10月2日で、市場想定売価は税抜2,480円。
  • 住民基本台帳カードが読めるICカードスロット付き、3.5インチカードリーダーがアイネックスから
  • 住民基本台帳カードが読めるICカードスロット付き、3.5インチカードリーダーがアイネックスから

接触型ICカードリーダー/ライター搭載のフロントパネル

PF-001CR 市場想定売価税抜2,480円(10月2日出荷開始)
http://www.ainex.jp/products/pf-001cr.htm

3.5インチドライブベイ1段に搭載できる、USB2.0対応マルチカードリーダー。ベゼルカラーはブラックで、USB2.0ポートも1口装備される。

直挿しに対応するmicroSD/microSDHCをはじめ、CF/MD、SD/MMC、MSの読み書きに対応。さらに住民基本台帳カードが読める非接触型ICカードリーダー/ライターが装備される変わり種のドライブベイアイテムだ。なおICカードリーダーは、カードのはみ出しが本体から10mm程度で、スッキリと収める事ができる。

内部ケーブルはUSBヘッダピン接続タイプ。外形寸法はW102×D119.4×H25.2mmで、製品にはドライブベイ固定用ミリネジ×4が付属する。

文: GDM編集部 松枝 清顕
株式会社アイネックス: http://www.ainex.jp/

totop