特許技術「VGF」採用の高冷却サイドフローCPUクーラー、オウルテック「極-KIWAMI-」

2014.08.25 19:08 更新

2014.08.25 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社オウルテック(本社:神奈川県海老名市)は2014年8月25日、デュアルファン対応のサイドフローCPUクーラー「極-KIWAMI-」(型番:OWL-CCSH08)を発表した。既に発売は開始され、直販価格は税抜6,680円。
  • 特許技術「VGF」採用の高冷却サイドフローCPUクーラー、オウルテック「極-KIWAMI-」
  • 特許技術「VGF」採用の高冷却サイドフローCPUクーラー、オウルテック「極-KIWAMI-」

U字型気流を作り出すルーバーフィン構造を採用

極-KIWAMI-(型番:OWL-CCSH08) 直販価格税抜6,680円(発売中)
http://www.owltech.co.jp/products/ccsh08/

U字型の気流を作り出す特許技術「VGF」(ヴォルテックスジェネレータフロー)加工を施した、ルーバーフィン構造を採用するサイドフローCPUクーラーの新製品。

放熱に最適なエアフローを作り出すルーバーフィン構造を採用

またヒートパイプと放熱フィンには熱伝導率を向上させる「S.N.T.C」塗装を施すことで、0.085℃/Wという業界トップクラスの熱抵抗値を実現。さらにφ6mm×4本の銅製ヒートパイプをダイレクトタッチ式で実装することで、TDP180Wに対応する高い冷却性能を実現した。

冷却ファンは口径120mm、回転数は800~2,200rpmで、ドラムの切り替えスイッチにて最大回転数を、500rpm(73.29CFM/25dBA)、1,800rpm(86.77CFM/30dBA)、2,220rpm(108.58CFM/35dBA)の3段階に調整可能。また付属のファンクリップを使い、デュアルファン構成(ファンは別売り)にすることで、最大TDPを210Wまで引き上げることができる。

冷却ファンの回転数はドラム部に用意された切り替えスイッチで3段階に調整可能

対応プラットフォームは、Intel LGA775/1150/1155/1156/1366/2011、AMD Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+ FM1/FM2/FM2+。外形寸法は、W85×L137.5×H160mm、重量約625g。なお製品には高性能サーマルグリスが同梱される。

文: GDM編集部 池西 樹
株式会社オウルテック: http://www.owltech.co.jp/

totop