Palit、ファンレスヒートシンク採用のGTX 750/750 Tiグラフィックスカード「KalmX」シリーズ

2014.07.15 14:26 更新

2014.07.15 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Palit Microsystems(本社:香港)は2014年7月14日(現地時間)、ファンレスヒートシンクを採用するGeForce GTX 750/750 Tiグラフィックスカード「KalmX」シリーズ2種を発表した。
  • Palit、ファンレスヒートシンク採用のGTX 750/750 Tiグラフィックスカード「KalmX」シリーズ
  • Palit、ファンレスヒートシンク採用のGTX 750/750 Tiグラフィックスカード「KalmX」シリーズ

2スロット専有のパッシブヒートシンクを搭載

NVIDIAのミドルレンジGPU GeForce GTX 750/750 Tiを搭載する、グラフィックスカードの新製品。バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)。

2スロット専有のパッシブヒートシンクを採用し、完全ファンレス駆動に対応。3Dゲームに十分なパフォーマンスを備えた、静音PCを手軽に構築することができる。

「GTX 750 Ti KalmX」は、GeForce GTX 750 Ti採用の上位モデル。主なスペックは、コアクロック1,020MHz、ターボクロック1,085MHz、メモリクロック5,500MHz、メモリバス幅128bitで、GDDR5 2GBメモリを搭載する。

「GTX 750 KalmX」は、GeForce GTX 750採用の下位モデル。主なスペックは、コアクロック1,020MHz、ターボクロック1,085MHz、メモリクロック5,010MHz、メモリバス幅128bitで、GDDR5 2GBメモリを搭載する。

出力インターフェイスは、DVI×2、miniHDMI×1の3種。いずれも補助電源コネクタは非搭載となる。

文: GDM編集部 池西 樹
Palit Microsystems: http://www.palit.biz/

totop