イオンの格安スマホ第2弾。月額1,980円の「イオンスマホ」を7月2日から全国で販売開始

2014.06.30 14:43 更新

2014.06.30 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
イオン株式会社(本社:千葉市美浜区)は2014年6月30日、ビッグローブ株式会社との協業による格安スマートフォン第2弾「イオンスマホ」を発表した。総合スーパー「イオン」など、全国447店舗にて7月2日より販売を開始する。
  • イオンの格安スマホ第2弾。月額1,980円の「イオンスマホ」を7月2日から全国で販売開始

端末価格をさらに安く。通信速度もアップした格安スマホの第2弾

7月1日(火)より格安スマホ第2弾「イオンスマホ」承りスタート
http://www.aeon.info/news/2014_1/pdf/140630R_2_2.pdf

販売後1ヶ月で完売したという「イオンのスマートフォン」に続き、流通大手のイオンが手がける格安スマートフォン第2弾「イオンスマホ」がリリースされた。好評だった前回より端末価格を低価格化し、さらなる通信コストダウンを実現。取り扱い店舗も2.5倍の447店舗に拡大、全国の「イオン」をはじめコンビニ「ミニストップ」51店舗でも販売される。

端末はgeaneeの3Gスマートフォン「FXC-5A」で、通信サービスにはビッグローブ株式会社の「BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン」を組み合わせる。端末料金630円(税込680円/×24回払)に通信サービス料金月額1,350円(1,458円)+通話料(税抜20円/30秒)を加え、月額1,980円(税込2,138円)から利用できる。通信速度は動画も楽しめる最大14Mbpsへと高速化した。

なお、スマートフォン初心者に向けては、端末保証・電話サポート・セキュリティのサービスをまとめて提供する「イオンスマホ安心パック」を用意。月額500円(税込540円)から利用できる。

文: GDM編集部 絵踏 一
イオン株式会社: https://www.aeon.info/

totop