世界最高の面記録密度実現。ソニー、「ナノ・グレイン磁性膜」を採用する磁気テープ技術を開発

2014.04.30 16:00 更新

2014.04.30 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
ソニー株式会社(本社:東京都港区)は2014年4月30日、世界最高の面記録密度を実現した「ナノ・グレイン磁性膜」採用の磁気テープ技術開発を発表した。

従来比74倍、1巻あたり185TBの大幅大容量化を果たしたテープストレージ新技術

世界最高の面記録密度148Gb/in2を実現した磁気テープ技術を開発
~従来比約74倍(185TB以上)の大容量データ記録が可能に~
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201404/14-044/

大規模サーバなどのバックアップに使用される、磁気テープメディアの新技術がソニーからリリースされた。

真空薄膜形成技術の一つである“スパッタ法”を用いることで、独自に結晶配向の乱れや大きさのばらつきを抑制。微細な磁性粒子を有する「ナノ・グレイン磁性膜」の開発に成功し、テープストレージメディアとして世界最高となる148Gb/in2の面記録密度を実現した。
 この面記録密度は、磁性粉をフィルム上に塗布する塗布型の現行磁気テープに比べ約74倍。従来の最大記録容量2.5TBから大幅な大容量化を果たし、データカートリッジ1巻あたり185TB以上の大容量データ記録を可能にする。

文: GDM編集部 絵踏 一
ソニー株式会社: http://www.sony.co.jp/

totop