流通大手がモバイル本格参戦。月額2,980円からのシンプルスマホ「イオンのスマートフォン」登場

2014.03.31 14:57 更新

2014.03.31 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
イオン株式会社(本社:千葉市美浜区)は2014年3月31日、格安の端末料金と通信料金を組み合わせた「イオンのスマートフォン」を発表した。4月4日に8,000台限定で発売される予定で、4月1日より全国の総合スーパー「イオン」など約170店舗で予約受付けを開始する。

シンプルで低コストな格安スマホ。月額2,980円で“2年縛り”の解約金もなし

イオンのスマートフォン(4月4日発売予定)
http://www.aeon.info/news/2014_1/pdf/140331R_1.pdf
http://www.aeonretail.jp/campaign/newcom/

流通大手のイオンより、日本通信と協業した格安料金のスマートフォン「イオンのスマートフォン」がリリース。シンプルかつ低コストをモットーに、従来の大手キャリアより大幅に安価なサービスを提供する。4月1日より全国のイオンなど約170店舗にて、8,000台限定(1人1台限り)で予約受付けが開始される予定だ。

端末はGoogleの3G対応スマートフォン「Nexus 4」を採用し、端末代金は月額1,420円(税別)×24回払(税別総額34,080円)。通信料金には使い放題のデータ通信と音声通話がセットになった日本通信のサービス(月額1,560円/税別)を組み合わせ、合計で月額2,980円から利用できる。

通信速度上限は200kbpsと低速なものの、音声通話も20円/30秒で利用可能。MNPにも対応するほか、2年以内の解約の場合も端末代金以外の解約金は発生しない。

文: GDM編集部 絵踏 一
イオン株式会社: https://www.aeon.info/

totop