Marvell「88SS9188」採用のSATA3.0対応SSD、PLEXTOR「M6M」「M6S」シリーズ発表

2014.03.27 10:48 更新

2014.03.26 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
PLEXTORブランドを展開するPHILIPS & LITE-ON DIGITAL SOLUTIONS(本社:台湾)は2013年3月26日(現地時間)、Marvellの最新サーバーグレードコントローラ「88SS9188」を採用する、SATA3.0(6Gbps)対応SSD「M6M」「M6S」シリーズを発表した。いずれもワールドワイド向けには3月中より発売が開始される。

Marvellコントローラと東芝NANDを採用する新型SATA3.0 SSD

PLEXTORブランドから、Marvellの新型サーバーグレードコントローラ「88SS9188」と東芝製Toggle NANDフラッシュを採用する、SATA3.0(6Gbps)対応SSD「M6M」「M6S」シリーズがリリースされた。

「M6M」シリーズは、UltrabookやNUCに最適なmSATAフォームファクタモデル。省電力機能DEVSLPに対応し、スリープ時2mWの低消費電力駆動ながら、100msの高速復帰を可能にした。

容量ラインナップは64GB、128GB、256GB、512GBの4モデル展開。最大転送速度はシーケンシャル読込520MB/sec、書込440MB/sec、ランダム読込94,000 IOPS、書込80,000 IOPS。外形寸法は、W29.8×L50.8×H3.6mm、重量最大10g。MTBFは150万時間で、3年保証が提供される。なお各モデルの詳細スペックは以下の通り。

「M6S」シリーズは、7mm厚の2.5インチフォームファクタモデル。先代モデル「M5S」シリーズからパフォーマンスを向上させつつ、消費電力を30~50%削減。さらに省電力機能DEVSLPにも対応しており、ノートPCのバッテリー駆動時間を延長できるとしている。

容量ラインナップは128GB、256GB、512GBの3モデル展開。最大転送速度はシーケンシャル読込520MB/sec、書込440MB/sec、ランダム読込94,000 IOPS、書込80,000 IOPS。外形寸法は、W69.85×L100×H6.8mm、重量最大60g。MTBFは150万時間で、3年保証が提供される。なお各モデルの詳細スペックは以下の通り。

文: GDM編集部 池西 樹
PHILIPS & LITE-ON DIGITAL SOLUTIONS CORPATION(PLEXTORブランド): http://www.plextor.com/

totop