メモリスロットに装着する超低遅延のDIMM型SSD、SanDisk「ULLtraDIMM SSD」発表

2014.01.21 11:25 更新

2014.01.20 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SanDisk(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は2014年1月20日(現地時間)、超低遅延を特徴とするメモリスロット接続のSSD「ULLtraDIMM SSD」を発表した。
  • メモリスロットに装着する超低遅延のDIMM型SSD、SanDisk「ULLtraDIMM SSD」発表

業界初、最高峰の低遅延を誇るDIMM型SSDが登場

SanDiskより、業界初となるDIMM接続のエンタープライズ向けSSD「ULLtraDIMM SSD」がリリース。超低遅延の応答速度が特徴で、高頻度取引やトランザクション処理、仮想化やクラウドコンピューティングなど、高速なストレージ性能を必要とするサーバー環境へ供給される。また、既存のメモリスロットに装着できるため、大掛かりなインフラ投資が不要というメリットもある。

Diablo Technologies(本社:カナダ)との提携で開発された製品で、DIMMごとの容量は200GBと400GBが提供される。1xnmのMLC NANDを採用、最大転送速度はシーケンシャル読込1,000MB/s、シーケンシャル書込760MB/s、ランダム読込150kIOPS、ランダム書込65kIOPS。レイテンシは読込時150μs、書込時5μsとされる。

IBM製サーバー「System x3850」「System x3950 X6」に「eXFlash DIMM」のブランド名で採用され、オプションで最大12.8TBの搭載が可能。ベンチマークでは業界で最も低遅延な5~10μsを達成している。

文: GDM編集部 絵踏 一
SanDisk: http://www.sandisk.com/

totop