OCZ、東芝とのSSD事業に関する資産譲渡契約締結を発表

2013.12.03 10:34 更新

2013.12.02 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
OCZ Technology(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2013年12月2日(現地時間)、兼ねてより交渉を進めていた株式会社 東芝(本社:東京都港区)とSSD事業に関する資産譲渡契約を締結したことを発表した。
  • OCZ、東芝とのSSD事業に関する資産譲渡契約締結を発表

OCZ、東芝へSSD事業に関する資産を譲渡

OCZ Reaches Agreement With Toshiba Corporation to Acquire Solid State Drive Business
http://ir.ocz.com/news/detail/3014/ocz-reaches-agreement-with-toshiba-corporation-to-acquire-solid-state-drive-business
米・OCZテクノロジー社のSSD事業に関する資産譲渡契約を締結
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2013_12/pr_j0302.htm?from=RSS_PRESS&uid=20131203-2901

11月28日付プレスリリースにおいて破産を発表したOCZは、兼ねてより交渉を進めていた東芝との間で、SSD事業に関する資産譲渡契約を締結したことを発表した。

これに合わせて同社は同日、米連邦破産法11章に基づく申し立てを実行。本資産譲渡は、当該申立てを管轄する破産裁判所の承認を条件に、同法11章363条の規定に従って、オークションプロセスを経て完了することになる。

また東芝から発表された本日3日付のプレスリリースによれば、OCZの持つ技術開発資産、知的財産、製品、販売網と東芝のNANDフラッシュメモリ技術を組み合わせることで、SSD事業の更なる拡大と競争力を強化できるとしている。

文: GDM編集部 池西 樹
OCZ Technology: http://www.ocztechnology.com/
株式会社 東芝: http://www.toshiba.co.jp/

totop