4096×2160ドット表示可能な高解像度31.1インチディスプレイ、EIZO「RadiForce RX850」

2013.11.27 15:58 更新

2013.11.27 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
EIZO株式会社(本社:石川県白山市)は2013年11月27日、医科用液晶ディスプレイ「RadiForce」シリーズの新モデルとして、800万画素表示に対応した31.1インチ液晶ディスプレイ「RadiForce RX850」を発表した。発売は2014年2月28日で、価格はオープンプライス。
  • 4096×2160ドット表示可能な高解像度31.1インチディスプレイ、EIZO「RadiForce RX850」
  • 4096×2160ドット表示可能な高解像度31.1インチディスプレイ、EIZO「RadiForce RX850」

1画面に2つの異なる映像を表示できるピクチャー・バイ・ピクチャー機能搭載

RadiForce RX850 オープンプライス(2014年2月28日発売)
http://www.eizo.co.jp/press/archive/2013/NR13_026.html
http://www.eizo.co.jp/products/radiforce/rx850/index.html

EIZOの医科用液晶ディスプレイ「RadiForce」シリーズから、4096×2160ドットの800万画素表示に対応する31.1インチモデル「RadiForce RX850」がリリースされた。

EIZO独自の技術「Hybrid Gamma」により、画面内のモノクロとカラー画像の表示エリアを自動判別し、最適な輝度と階調で表示可能。また1画面に2つの異なる映像を並べて表示する“ピクチャー・バイ・ピクチャー”(PbyP)機能が内蔵され、大画面表示の他、1台でベゼルレスのマルチディスプレイ環境を構築することもできる。

液晶パネルは視認性に優れるIPS方式で、視野角は水平垂直178度、輝度最大850cd/m2(キャリブレーション推奨輝度500cd/m2)、コントラスト比1,450:1、応答速度20ms(黒→白→黒)。インターフェイスはDualLink DVI-D×2、DisplayPort×2、USB2.0×3(アップ×1/ダウン×2)を備える。

消費電力は最大227W、標準111W、節電時6W以下。外形寸法はW747×D281.5×H593.5mm(スタンド含む)、重量約22.4kg(ACアダプタ含む)。なお背面にはVESAマウント(100×100mm)を備える。

文: GDM編集部 池西 樹
EIZO株式会社: http://www.eizo.co.jp/

totop