コンセント不要。LAN給電に対応する21.5インチフルHD液晶、アイ・オー・データ「LCD-AD221PEB」

2013.11.26 14:29 更新

2013.11.26 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市)は2013年11月26日、LANケーブルから電源が供給できる「UPOE」に対応する21.5インチフルHD液晶ディスプレイ「LCD-AD221PEB」を発表した。発売は12月上旬で、直販価格税込47,800円。
  • コンセント不要。LAN給電に対応する21.5インチフルHD液晶、アイ・オー・データ「LCD-AD221PEB」
  • コンセント不要。LAN給電に対応する21.5インチフルHD液晶、アイ・オー・データ「LCD-AD221PEB」

オフィス内のレイアウトを自由に変更できるUPOE対応ディスプレイ

「LCD-AD221PEB」は、LANケーブルから最大60Wの電源供給が可能な、シスコシステムズ社が提唱する規格「UPOE(Universal Power Over Ethernet)」に対応した国内初の液晶ディスプレイ。

PoE対応のシンクライアント端末と組み合わせれば、完全にコンセントレスのシステムが構築でき、コンセントの位置や数を気にすることなく、オフィスのレイアウトを自由に変更することができる。

バックライトには消費電力の少ないLEDを搭載。さらにAC-DC変換時のロスを排除することで電力利用効率を最大化し、既存モデルに比べて約50%の省電力化を実現。またブルーライトを最大約60%減らす「ブルーリダクション」により、目への負担も低減させた。

最大解像度は1,920×1,080ドット、視野角は上下160度、左右170度、最大輝度250cd/m2、コントラスト比1,000:1、応答速度5ms。インターフェイスはDVI-D×1、D-Sub×1、φ3.5mmステレオミニジャック×1で、1W+1Wスピーカーを内蔵する。なお外形寸法は、W507×D178×H390mm(スタンドあり)、重量3.5kg(同)。

文: GDM編集部 池西 樹
株式会社アイ・オー・データ機器: http://www.iodata.jp/

totop