AMD、TDP150Wに抑えた扱いやすいミドルレンジGPU、「Radeon R9 270」発表

2013.11.13 14:48 更新

2013.11.13 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は日本時間2013年11月13日14時01分、Radeon RシリーズのミドルレンジGPU「Radeon R9 270」を発表した。
  • AMD、TDP150Wに抑えた扱いやすいミドルレンジGPU、「Radeon R9 270」発表

補助電源コネクタが6pin×1へと変更されたミドルレンジGPU

AMDからRadeon R9シリーズのローエンドモデル「Radeon R9 270」がリリースされた。型番から分かる通りRadeon R9 270Xの下位モデルにあたり、動作クロックを引き下げることでTDPを150Wに低下。これにより補助電源コネクタが6pin×1へと変更されているのが特徴だ。

動作クロック以外のスペックに変更はなく、ストリームプロセッサ数1,280基、コアブーストクロック925MHz、メモリクロック5,600MHz、メモリバス幅256bitで、GDDR5 2GBメモリを標準装備。

対応APIはDirectX 11.2、OpenGL 4.3。出力インターフェイスは、DVI×2、HDMI×1、DisplayPort×1で、バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)に対応する。

文: GDM編集部 池西 樹
AMD: http://www.amd.com/

totop