AMD、Radeon Rシリーズのフラグシップモデル「Radeon R9 290X」正式リリース

2013.10.24 13:01 更新

2013.10.24 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は日本時間2013年10月24日13時01分、Radeon Rシリーズのフラグシップモデル「Radeon R9 290X」を正式発表した。
  • AMD、Radeon Rシリーズのフラグシップモデル「Radeon R9 290X」正式リリース

NVIDIA GeForce GTX 780対抗のAMDハイエンドGPU、遂に登場

今年9月に米国ハワイで開催された報道関係者向けイベント「GPU 14」で発表された、AMD Radeon Rシリーズのフラグシップモデル「Radeon R9 290X」が正式リリースされた。

NVIDIA GeForce GTX 780対抗とされるGPUで、Radeon HD 7000シリーズの「Graphics Core Next」をベースに電力効率などを改善した改良版アーキテクチャを採用。ストリームプロセッサはRadeon HD 7970の2,048基から2,816基へ、メモリバス幅は384bitから512bitへ強化され、物理演算性能は5.6TFLOPSへと約20%引き上げられている。

Radeon R9 290Xでは、3,840×2,160ドットの超高解像度でも多くのゲームで30fpsを超えるパフォーマンスを実現

またGPUでサウンド処理を行う最新オーディオ技術「AMD TrueAudio Technology」が搭載されているのも特徴。CPUへの負荷を抑えつつ数百におよぶオーディオチャンネルの再生が可能になるとのこと。

リファレンスモデルでは静音向け(Quiet Mode)とハイパフォーマンス向け(Uber Mode)の2種類のBIOSが実装され、本体のスイッチで切替可能。主なスペックは、コアクロック最大1.0GHz、メモリクロック最大5.0GHzで、GDDR5 4GBメモリを搭載。バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)で、Direct X11.2に対応する。

文: GDM編集部 池西 樹
AMD: http://www.amd.com/

totop