GPU主導で垂直同期問題を一発解決。NVIDIA、ゲームと完全連動させる表示技術「NVIDIA G-SYNC」発表

2013.10.21 11:30 更新

2013.10.18 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
NVIDIA Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2013年10月18日(現地時間)、ゲーム描画に合わせてリフレッシュレートを変動させる新技術「NVIDIA G-SYNC Display Technology」を発表した。
  • GPU主導で垂直同期問題を一発解決。NVIDIA、ゲームと完全連動させる表示技術「NVIDIA G-SYNC」発表
  • GPU主導で垂直同期問題を一発解決。NVIDIA、ゲームと完全連動させる表示技術「NVIDIA G-SYNC」発表

ゲームプレイを悩ませる“lag”&“tearing”を解決するNVIDIAの新技術

NVIDIAは18日、カナダ モントリオールにて開催したメディア向けイベント「NVIDIA Editor’s Day 2013」にて、ゲーミングシーンにおける垂直同期(Vsync)問題を解決する新技術「NVIDIA G-SYNC Display Technology」を発表した。

これまでディスプレイに合わせて固定されていたリフレッシュレート(一般に60Hz)を、GPU主導で動的に変化させるという新たなパネルリフレッシュ技術。ディスプレイの表示タイミングをGPUのレンダリングに完全に同期させることで、垂直同期をONにすることで発生する“lag”(ラグ/表示遅延)や、OFFにした際の“tearing”(画面割れ)などが発生しない、滑らかなゲーム画面表示を可能にする。

対応GPUはGTX 650 Ti Boost以上のGeForceで、4K解像度出力にも対応する。「G-SYNC」はモジュールとして各メーカーへ供給され、ASUSTekなどをはじめ各社から2014年中にも対応ディスプレイ製品が発売される見込みだ。

文: GDM編集部 絵踏 一
NVIDIA Corporation: http://www.nvidia.com/

totop