マイクロソフト、Windows 8.1世代の新型タブレット「Surface 2」&「Surface Pro 2」発表

2013.09.24 11:34 更新

2013.09.24 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
Microsoft Corporation(本社:アメリカ・ワシントン州)は2013年9月23日(現地時間)、Windows 8タブレット「Surface」の2世代モデル「Surface 2」「Surface Pro 2」を発表した。価格は「Surface 2」が449ドルから、「Surface Pro 2」が899ドルから。アメリカやヨーロッパ、アジア太平洋にて10月22日より、中国では11月より販売が開始される。なお、日本での発売は今のところ未定。

日本には来るの?新型「Surface」が来月から発売開始

Microsoft unveils Surface 2, Surface Pro 2 and new accessories
http://www.microsoft.com/en-us/news/press/2013/sep13/09-23surface2pr.aspx

「Surface 2」は、Windows RT 8.1を搭載する「Surface RT」後継のWindows RTタブレット。フルHD解像度に対応する10.6インチClearTypeディスプレイを採用し、NVIDIAの最新クアッドコアSoC「Tegra 4」が実装される。USB3.0ポートのほか、350万画素のWEBカメラと500万画素のリアカメラを備えるなど周辺機能もアップグレードされた。従来より薄型・軽量化しつつ、ビデオ再生10時間のロングライフを実現している。
 なお、ストレージは32GBと64GBモデルがラインナップされ、それぞれ「Office 2013 RT」がプリインストールされる。

「Surface Pro 2」は、Windows 8.1 Proを搭載する「Surface Pro」の次世代モデル。Intel Core i5プロセッサを内蔵し、「Office 2013」をプリインストール。4GBメモリ搭載でストレージ64GBと128GB、8GBメモリ搭載でストレージ256GBと512GBモデルがそれぞれラインナップされる。前モデルより最大75%バッテリー寿命が改善した。

また、同時に対応アクセサリ各種もリリース。タッチキーボード「Touch Cover 2」、物理キーボード「Type Cover 2」、バッテリー内蔵のキーボードカバー「Power Cover」のほか、USBポートや有線LAN、DisplayPortなどを備えた「Surface Pro 2」用の「Docking Station for Surface Pro」などが発売される予定となっている。

文: GDM編集部 絵踏 一
Microsoft Corporation: http://www.microsoft.com/

totop