アップル、指紋認証対応の最先端モデル「iPhone 5s」&廉価版「iPhone 5c」発表。20日から発売

2013.09.11 11:38 更新

2013.09.10 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Apple Inc.(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2013年9月10日(現地時間)、新iPhone「iPhone 5s」および廉価版iPhone「iPhone 5c」を発表した。日本を含む11カ国で9月20日より販売が開始される。
 また、日本国内では従来のソフトバンクモバイルKDDI(au)に加え、NTTドコモが販売キャリアに加わったことが発表された。

“最も先進的”な最新世代iPhone&カラフルな廉価版モデルついに発表

iPhone 5s(9月20日発売)
64GBモデル 市場想定売価399ドル
32GBモデル 市場想定売価299ドル
16GBモデル 市場想定売価199ドル
https://www.apple.com/iphone-5s/
iPhone 5c(9月20日発売)
32GBモデル 市場想定売価199ドル
16GBモデル 市場想定売価99ドル
https://www.apple.com/iphone-5c/

Appleは9月10日(現地時間)、プレス向け特別イベントにて新型iPhone「iPhone 5s」に加え、廉価版iPhone 5こと「iPhone 5c」を発表した。13日より予約受付が開始され、販売は20日から。日本を含む世界11カ国で販売される。

「iPhone 5s」は、現行のiPhone 5後継となるフラッグシップスマートフォン。スマートフォンでは世界初の64bitアーキテクチャを採用するA7プロセッサを搭載するほか、ホームボタンに指紋認証機能「Touch ID」を新実装する。タッチするだけでセキュリティロックを解除できるほか、App Storeでのパスワード入力も不要だ。
 プロセッサは現行A6プロセッサ同等サイズでCPUで2倍、GPUも2倍のパフォーマンスアップを実現、OpenGL ES 3.0もサポートする。また、4インチのRetinaディスプレイや基本レイアウトは踏襲しつつ、カメラは機能が強化された800万画素の新型iSightカメラが搭載される。

ストレージ容量はiPhone 5と同じ64GB/32GB/16GBの3モデルで、最大13のLTEバンドに対応する。また、カラーバリエーションはブラック(スペースグレイ)とシルバー、さらにゴールドが加わった。

「iPhone 5c」は、以前から投入が噂されてきた“廉価版iPhone 5”。プラスチック製筐体が採用され、上記の「iPhone 5s」から100ドル安価な価格で販売される。全5色の豊富なカラーバリエーションも大きな魅力。
 スペックはおおむねiPhone 5と同等で、A6プロセッサを搭載。新たにカメラとバッテリーが強化されている。LTEバンドは最大13に対応し、ストレージは32GBと16GBの2モデルをラインナップ。パンチングが施されたポップな純正ケースも用意される。

また、「iPhone 5s」と「iPhone 5c」にプリインストールされる新OS「iOS 7」についても正式にリリースされた。UIが一新されたほか、「200以上の新機能」を実装。iPhone 4以降、iPad 2以降、iPad mini、iPod touch (第5世代)を対象に9月18日から公開が開始される。

文: GDM編集部 絵踏 一
Apple Inc.: https://www.apple.com/

totop