NVIDIA、CUDAコア2,880基のワークステーション向けフラグシップGPU「Quadro K6000」発表

2013.07.24 16:13 更新

2013.07.23 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
NVIDIA Corporation(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は2013年7月23日(現地時間)、「GK110」コアを採用したワークステーション向けフラグシップGPU「Quadro K6000」を発表した。
  • NVIDIA、CUDAコア2,880基のワークステーション向けフラグシップGPU「Quadro K6000」発表
  • NVIDIA、CUDAコア2,880基のワークステーション向けフラグシップGPU「Quadro K6000」発表

フルスペック版「GK110」コア採用のワークステーション向けGPU

「Quadro K6000」は、「GK110」コアを採用したワークステーション向けGPUのフラグシップモデル。すでに発表されている「GK110」採用モデル、「Tesla K20X」や「GeForce GTX TITAN」では、SMXの1つが無効化されていたのに対して、「Quadro K6000」では初めて15基すべてが有効化され、2,880基のCUDAコアを実装する。

これにより既存モデル「Quadro 6000」から、計算パフォーマンスは5倍、グラフィックス性能は約2倍と大きく向上。さらにGDDR5 12GBの大容量メモリを搭載することで、複雑かつリッチなキャラクターやシーンを高速にレンダリングすることができるとしている。

最大消費電力は225W、単精度演算性能は5.2TFOPS、メモリバス幅は384bitで、帯域幅は288GB/sec。出力インターフェイスはDVI-I×1、DVI-D×1、DispayPort×2。4K解像度に対応する他、最大4画面への同時出力もサポートされる。

またモバイルワークステーション向けQuadroシリーズも一斉発表。CUDAコア1,536基、メモリ容量GDDR5 8GBの最上位モデル「Quadro K5100M」を筆頭に「Quadro K4100M」「Quadro K3100M」「Quadro K2100M」「Quadro K1100M」「Quadro K610M」「Quadro K510M」が用意される。

文: GDM編集部 池西 樹
NVIDIA Corporation: http://www.nvidia.co.jp/

totop