NVIDIA、「GK104」コア採用のミドルレンジGPU、GeForce GTX 760発表

2013.06.25 22:01 更新

2013.06.25 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
NVIDIA Corporation(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は日本時間2013年6月25日22時00分、「GK104」コアを採用したミドルレンジGPU「GeForce GTX 760」を発表した。
  • NVIDIA、「GK104」コア採用のミドルレンジGPU、GeForce GTX 760発表

SMX6基、CUDAコア数1152基のミドルレンジGPU、GeForce GTX 760

日本時間6月25日22時00分、NVIDIAからGeForce 700シリーズ初のミドルレンジGPU、GeForce GTX 760が解禁された。

GeForce 700シリーズ初のミドルレンジモデルGeForce GTX 760

GeForce GTX 760は、先月発表されたハイエンドGPU、GeForce GTX 770と同じ「GK104」コアを搭載するが、SMX数は8基(CUDAコア1,536基)から6基(CUDAコア1,152基)へと削減。さらにベースクロック980MHz、ブーストクロック1,033MHz、メモリクロック6,008MHzへと抑えることで差別化が図られている。

一方、メモリ周りの仕様は同等で、Kepler世代のミドルレンジでは初めて256bitのメモリバス幅を採用。メモリ容量も2GBに加え、4GBに対応し、既存モデルGeForce GTX 660/GTX 660Tiから、よりパワフルな仕様へと変更された。

Radeon HD 7950との比較では10~20%程度高速なパフォーマンスを実現

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、出力インターフェイスは、DualLink DVI×2、HDMI×1、DisplayPort×1。TDPは170Wで、PCI-Express補助電源は6pin×2が用意される。なおミドルレンジらしく、解禁と同時に多くのベンダーから、オーバークロックモデルが多数ラインナップされる予定。

文: GDM編集部 池西 樹
NVIDIA Corporation: http://www.nvidia.co.jp/

totop