Intel、省電力プラットフォーム向け新マイクロアーキテクチャ「Silvermont」発表

2013.05.07 16:07 更新

2013.05.06 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2013年5月6日(現地時間)、省電力プラットフォーム向け新マイクロアーキテクチャ「Silvermont」を発表した。

ピーク性能3倍、消費電力1/5を実現した省電力向けマイクロアーキテクチャ

インテル、低消費電力、高性能 マイクロアーキテクチャー「Silvermont」を発表
http://newsroom.intel.com/community/ja_jp/blog/2013/05/06/インテル-低消費電力-高性能-マイクロアーキテクチャー-silvermont-を発表

Intelから、省電力プラットフォーム向け新マイクロアーキテクチャ「Silvermont」が発表された。22nmプロセスの三次元構造トランジスタ「トライゲート」技術を採用し、現行のAtomプロセッサに比べて、ピーク性能は3倍、消費電力は1/5へと削減されている。

また新しいアウトオブオーダー型の実効エンジンにより、シングルスレッドのパフォーマンスも大幅に向上。さらに最大8コアまでスケーリング可能な「システム・ファブリック」アーキテクチャにより、バランスのとれた応答性の高いシステムを実現できる。

製品ラインナップは、タブレット、スマートフォン向け4コア製品「Bay Trail」、エントリークラスノートPC向け「Merrifield」、マイクロサーバー向け「Avoton」、ネットワーク機器向け「Rangeley」の4種類で、いずれも2013年後半の投入が予定されている。

文: GDM編集部 池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop