NVIDIA、TurboBoost対応の新ミドルレンジGPU「GeForce GTX 650Ti Boost」発表

2013.03.26 21:00 更新

2013.03.26 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
NVIDIA Corporation(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は日本時間2013年3月26日21時00分、GeForce 600シリーズの新ミドルレンジ向けGPU「GeForce GTX 650Ti Boost」を発表した。
  • NVIDIA、TurboBoost対応の新ミドルレンジGPU「GeForce GTX 650Ti Boost」発表

TurboBoostとメモリ帯域向上でGTX 650Tiから約40%性能が向上

NVIDIAは、200ドル以下のスイートスポット向け新ミドルレンジGPU「GeForce GTX 650Ti Boost」を発表した。型番から分かる通り、GeForce GTX 650Tiの上位製品で、採用コアは「GK106」、CUDAコア数は768基でいずれも変更ない。

一方、動作クロックはコアベースクロック980MHz、メモリクロック6,000MHzへ向上し、GeForce GTX 650Tiでは削減されていた自動オーバークロック機能「GPUブースト」にも対応する。さらに、メモリバス幅も192bitへと引き上げられ、1ランク上のGeForce GTX 660に近いスペックへと変更された。この結果、GeForce GTX 650Tiとの比較では約40%パフォーマンスが向上。ただし、TDPも110Wから140Wへと大幅に増加している。

リファレンスモデルの出力インターフェイスはDualLink DVI×2、HDMI×1、DisplayPort×1。バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)で外部電源は6pin×1が用意される。

文: GDM編集部 池西 樹
NVIDIA Corporation: http://www.nvidia.co.jp/

totop