AMD、CES開幕に臨み業界初のx86クアッドコアSoCや新世代APUを一挙発表

2013.01.08 16:22 更新

2013.01.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2013年1月7日(現地時間)、「2013 International CES」において、業界初のx86クアッドコアSoC「Temash」「Kabini」や、メインストリーム向けの新型APU「Richland」「Kaveri」、モバイル向けGPU「Radeon HD 8000M」シリーズを発表した。

パフォーマンスと省電力性能をさらに強化。2013年中にラインナップ一新へ

AMD Unveils Innovative New APUs and SoCs that Give Consumers a More Exciting and Immersive Experience
http://www.amd.com/us/press-releases/Pages/amd_unveils_new_apus.aspx
AMD Delivers Enhanced Gaming and Improved Application Performance with Latest Mobile and Desktop Graphics Technology
http://www.amd.com/us/press-releases/Pages/amd-radeon-hd-8000m-2013jan07.aspx

AMDは、ラスベガスで開催中の「2013 International CES」において、業界初のx86クアッドコアSoC(System on a chip)や次世代APUなど、コンシューマ向けAPUの新ラインナップを一挙発表した。

初のx86クアッドコアSoCとなる「Temash」「Kabini」は、“Jaguar”マイクロアーキテクチャを採用したAPU。いずれも省電力化を推進し、低消費電力クライアントやタブレットをターゲットにしている。
 「Temash」は、Windows 8タブレットなどハイパフォーマンスタブレットやハイブリッド型ノートPC向けに提供される。前世代の「Hondo」に比べ2倍のグラフィックス性能を誇り、タブレット向けのSoCとしては最高性能を実現するという。
 一方の「Kabini」は主に“Ultrathin”(超薄型)ノートPC向けとなるAPU。前世代「Brazos 2.0」と比較して最大50%以上のパフォーマンス向上したとされ、デュアルコアとクアッドコアの2つのオプションが用意される。
 なお、「Temash」と「Kabini」はいずれも2013年上期に出荷が開始される予定だ。

「Richland」と「Kaveri」は、メインストリーム向けに出荷されるAPUで、現行の「Trinity」の後継に位置付けられる。
 「Richland」は、バッテリー寿命を改善しCPUとグラフィックス性能をさらに向上。特にビジュアルパフォーマンスが向上し、ジェスチャー認識、顔面認識、テレビ/ディスプレイとの直接的な無線接続など、最先端ソフトウェア機能とバンドルされて販売されるという。
 「Kaveri」は、28nmプロセス技術を採用した次世代APUで、ヘテロジニアス・システム・アーキテクチャー(HSA)に対応する。
 「Richland」はすでにOEMベンダー向けに出荷が開始されており、「Kaveri」は2013年下期に出荷が開始される見込みだ。

 さらに、会場ではGraphics Core Next(GCN)アーキテクチャを採用するモバイル向けGPU「Radeon HD 8000M」シリーズも同時に発表。ただし、こちらは既存のHD 7000シリーズのリブランド品と見られている。

文: GDM編集部 絵踏 一
AMD: http://www.amd.com/

totop