インテル、TDP6W台のサーバー向け超低消費電力プロセッサ「Atom S1200」シリーズ発表

2012.12.12 16:01 更新

2012.12.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
インテル株式会社(本社:東京都千代田区)は2012年12月12日、消費電力6W台のサーバー向けプロセッサ「Atom S1200」シリーズを発表した。本日より出荷が開始され、1,000ユニット受注単価は54ドル(4,990円)から。
  • インテル、TDP6W台のサーバー向け超低消費電力プロセッサ「Atom S1200」シリーズ発表
  • インテル、TDP6W台のサーバー向け超低消費電力プロセッサ「Atom S1200」シリーズ発表

マイクロサーバーに最適な超低消費電力プロセッサ「Atom S1200」シリーズ

インテル、世界初の消費電力6ワットのサーバー用プロセッサーを提供
http://newsroom.intel.com/community/ja_jp/blog/2012/12/11/

インテルから、64bitサーバー向け低消費電力System On Chip(SoC)「Atom 1200」シリーズが発表された。

「Atom 1200」シリーズは、2つの物理コアを備え、Hyper-Threading機能により最大4スレッドの同時処理に対応。メモリはDDR3 8GBまで搭載可能で、8レーンのPCI-Express2.0、信頼性を確保するECC、仮想化機能インテルVTなどが実装される。

製品ラインナップは「Atom S1220」「Atom S1240」「Atom S1260」の3モデルで、動作クロックは1.60GHz~2.00GHz、TDPは6.1W~8.5Wといずれも非常に低く抑えられている。

なおインテルでは、22nmプロセスに基づく3Dトライゲートトランジスタを採用した次世代Atomプロセッサ「Avoton」の開発にも着手しており、こちらは2013年に提供が開始される予定。

文: GDM編集部 池西 樹
インテル株式会社: http://www.intel.co.jp/

totop