OCZ、ランダム10万IOPSの新型コントローラ「Barefoot3」搭載SSD「Vector」シリーズ発表

2012.11.28 10:45 更新

2012.11.27 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
OCZ Technology(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2012年11月27日(現地時間)、新型コントローラIndilinx「Barefoot3」を搭載したSATA3.0(6Gbps)対応SSD「Vector」シリーズを発表した。また国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都 千代田区)からも新規取り扱い開始が発表され、11月末より販売が開始される。
  • OCZ、ランダム10万IOPSの新型コントローラ「Barefoot3」搭載SSD「Vector」シリーズ発表
  • OCZ、ランダム10万IOPSの新型コントローラ「Barefoot3」搭載SSD「Vector」シリーズ発表

Indilinxオリジナルコントローラ「Barefoot3」を採用したSATA3.0対応SSD

Vectorシリーズ(11月末発売)
VTR1-25SAT3-128G(128GB) 市場想定売価税込13,400円前後
VTR1-25SAT3-256G(256GB) 市場想定売価税込24,300円前後
VTR1-25SAT3-512G(512GB) 市場想定売価税込48,900円前後
http://www.ocztechnology.com/aboutocz/press/2012/518
http://www.ocztechnology.com/vector-series-sata-iii-2-5-ssd.html
http://www.ask-corp.jp/products/ocz/2-5inch-sata3-ssd/vector.html

OCZから、新型コントローラIndilinx「Barefoot3」を搭載させたSATA3.0(6Gbps)対応SSD「Vector」シリーズがリリースされた。容量は128GB、256GB、512GBの3モデルがラインナップされる。

「Barefoot3」は、これまでの「Everest」シリーズと違い、ハードウェアもすべてOCZのIndilinxグループによって設計されたオリジナルコントローラ。ベンチマークではなく実運用での高速性を重視し、データの種類に関係なく高速なアクセスを実現している。

搭載NANDフラッシュは25nmプロセスのIMFT製MLCタイプで、キャッシュ容量は最大1GB。主なスペックはシーケンシャル読込550MB/sec、書込530MB/sec(128GBモデルは400MB/sec)、ランダム読込100,000 IOPS(128GBモデルは90,000 IOPS)、書込95,000 IOPSで、シーケンシャル、ランダムともSATA3.0(6Gbps)SSDでは最高クラスのパフォーマンスを実現する。

外形寸法はW69.75×D99.7×H7mm、重量115gで、Ultrabookなどの薄型ノートPCへも搭載可能。消費電力はアイドル時0.9W、アクティブ時2.25Wで、製品保証は5年間。

文: GDM編集部 池西 樹
OCZ Technology: http://www.ocztechnology.com/
Indilinx: http://www.indilinx.com/

totop