フルHD対応のWindows 8対応11.6インチタブレットPC、日本エイサー「ICONIA W700」11月22日発売

2012.11.20 15:25 更新

2012.11.20 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区)は2012年11月20日、Windows 8搭載タブレットPC「ICONIA W700」および「ICONIA W510/510D」を発表した。発売は前者が11月22日、後者が12月中旬以降より開始される。

キーボードドック対応のハイブリッドモデル「ICONIA W510/510D」も同時発表

ICONIA W700 市場想定売価税込75,000円前後(11月22日発売)
http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/model/NT.L0FSJ.001
ICONIA W510 市場想定売価税込65,000円前後(12月中旬以降発売)
http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/model/NT.L0KSJ.001
ICONIA W510D 市場想定売価税込75,000円前後(12月中旬以降発売)
http://www.acer.co.jp/ac/ja/JP/content/model/NT.L0MSJ.001

Acerブランドから、Windows 8を搭載させたタブレットPC 3機種がリリースされた。

「ICONIA W700」は、解像度1,920×1,080ドットの11.6インチフルHD液晶を採用したハイパフォーマンスモデル。視野角178度のIPSパネルが採用され、高精細映像やゲームのほか、テキストも輪郭まで際立つ鮮明な表示が可能。

CPUは、最高4スレッドの同時処理が可能なIntel Core i3-3217U(2コア/4スレッド/1.80GHz/L3キャッシュ3MB)で、チップセットはIntel HM77 Express。そのほかDDR3 4GBメモリと64GB SSDが標準装備され、インターフェイスはUSB3.0、内蔵マイクロフォン、ヘッドフォンジャック、Micro HDMI、500万画素カメラなど。ネットワークはIEEE802.11 a/b/g/n無線LANとBluetooth4.0+HSを備える。

外形寸法はW295×D191×H9.15~11.9mm、重量約950g、バッテリー駆動時間は約9時間。なお20度と70度の2段階の角度調節が可能なクレードルが付属される。

CPUにAtom Z2760(2コア/4スレッド/1.80GHz/L2キャッシュ1MB)を採用した10.1インチタブレットPCは、単体モデル「ICONIA W510」と、キーボードドッグ同梱モデル「ICONIA W510D」の2機種がラインナップ。

アプリケーションをタッチするだけで呼び出せる独自ユーティリティ「Acer Ring」が搭載され、直感的な操作が可能。さらに重量約580gの軽量筐体と単体約9時間、キーボードドック搭載で約18時間の長時間駆動により、手軽に持ち運んでいつでも利用することができる。

主なスペックは、DDR2 2GBメモリ、64GB SSDが標準装備され、インターフェイスはMicro USB2.0、Micro SDカードリーダ、Micro HDMI、内蔵マイクロフォン、ヘッドフォンジャック、フロント200万画素/リア800万画素カメラなど。ネットワークはネットワークはIEEE802.11 a/b/g/n無線LANとBluetooth4.0+HSを備える。

外形寸法および重量は、タブレット本体がW258.5×D167.5×H8.8mm、約580g、キーボードドックがW258.5×D186.5×H9.9mm、約680g。

文: GDM編集部 池西 樹
日本エイサー株式会社: http://www.acer.co.jp/

totop