GIGABYTE、実売10,000円のIntel Z77 Expressマザーボード「GA-Z77-HD3」など2機種発売

2012.11.16 15:14 更新

2012.11.16 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市)は2012年11月16日、「Ultra Durable 4 Classic」に準拠したLGA 1155マザーボード「GA-Z77-HD3」「GA-B75M-D2V」について、新規取り扱い開始を発表した。いずれも発売は11月中旬予定で、市場想定売価は前者が税込10,000円前後、後者が5,500円前後。

実売5,500円のIntel B75 Express搭載MicroATXマザーボードも同時リリース

GIGABYTEから、コストパフォーマンスに優れるLGA 1155マザーボード「GA-Z77-HD3」「GA-B75M-D2V」が登場した。いずれも同社の品質基準「Ultra Durable 4 Classic」に準拠しており、長期間の運用でも安心して使用できる。

「GA-Z77-HD3」は、Intel Z77 Expressチップセット採用のATXマザーボード。mSATAポートは非搭載ながら、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×1、PCI-Express3.0(x4)×1(x16形状)、PCI-Express2.0(x1)×2、PCI×1を実装し、CrossFire Xをサポート。さらにバックパネル部には3系統のディスプレイ出力を用意するなどハイエンド構成も可能な拡張性を実現した。

そのほか、スリープから瞬時に起動できるIntel Rapid Start、スリープ時でもメールなどを受信できるIntel スマートコネクト、SSDをHDDキャッシュとして利用するIntel Smart Responseの3種類のIntelテクノロジーに対応し、GIGABYTE EZセットアップによりいずれも簡単に設定することができる。

「GA-B75M-D2V」は、Intel B75 Expressチップセット採用したMicroATXのエントリーモデル。UEFI BIOSはGIGABYTE製マザーボードでは珍しくシングル構成で、メモリスロットも2本に制限されるが、SATAポートはSATA3.0(6Gbps)×1、SATA2.0(3Gbps)×5の合計5ポート、USBもUSB3.0×4(内部/外部×2)、USB2.0×8(内部/外部×4)と十分に確保した。

また基板サイズは226×174mmとMicroATXの中でも小型のため、スリムPCや内部空間が制限されるコンパクトPCに向く。

文: GDM編集部 池西 樹
CFD販売株式会社: http://www.cfd.co.jp/
日本ギガバイト株式会社: http://club.gigabyte.co.jp/

totop