家の隅々まで電波が届く高出力アンテナ搭載、600Mbps対応無線LANルーター、ロジテック「LAN-WH600ACGR」

2012.11.15 14:45 更新

2012.11.15 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社ロジテック(本社:東京都千代田区)は2012年11月15日、最大600Mbpsの高速通信に対応した無線LANルーター「LAN-WH600ACGR」を発表した。発売は11月下旬で、市場想定売価は税込21,525円。
  • 家の隅々まで電波が届く高出力アンテナ搭載、600Mbps対応無線LANルーター、ロジテック「LAN-WH600ACGR」
  • 家の隅々まで電波が届く高出力アンテナ搭載、600Mbps対応無線LANルーター、ロジテック「LAN-WH600ACGR」

超高出力アンテナを搭載し、無線スループットが1.7倍に向上

LAN-WH600ACGR 市場想定売価税込21,525円(11月下旬発売)
http://www.logitec.co.jp/press/2012/1115_02.html
http://www.pro.logitec.co.jp/pro/g/gLAN-WH600ACGR/

業界最速のIEEE802.11ac規格に準拠し、最大600Mbpsの高速通信に対応した無線LANルーターの新製品。5GHz帯を使用するため、電波干渉の影響が少なく高速通信が可能。ちなみに既存のa/b/g/n規格との下位互換性も確保されているため、PCだけでなく、スマートフォン、タブレットなどもそのまま利用することができる。

また新開発の超高出力アンテナを搭載することで、従来の高出力モデルから無線スループットを約1.7倍に向上。最大70mの長距離通信が可能で、3階建てや障害物の多い環境でも隅々まで電波が届き安定した通信を可能にした。

そのほか、わずか4ステップで設定が可能な「かんたんセットアップツール」やスマートフォンやタブレットから各種設定が行える「インターネット回線設定ページ」機能が内蔵され、初心者でも簡単に設定を行うことができるのも特徴だ。

外形寸法はW190×D210×H45mm、重量約580g。外付けアンテナは3本(送信3本、受信3本)で、ギガビット有線LANポートはLAN側4ポート、WAN側1ポートの計5ポート用意される。

文: GDM編集部 池西 樹
ロジテック株式会社: http://www.logitec.co.jp/

totop