三菱、スマートフォン向け機能を強化した23型液晶「RDT234WX-Z(BK)」「RDT234WX-3D(BK)」

2012.11.13 12:47 更新

2012.11.13 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区)は2012年11月13日、IPSパネルを採用した23型ワイド液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE」シリーズ「RDT234WX-Z(BK)」「RDT234WX-3D(BK)」を発表した。いずれも11月28日より販売が開始される。

スマートフォンの表示画面を大画面・高画質で楽しめる「スマホビュー」機能搭載

RDT234WX-Z(BK) オープンプライス(11月28日発売)
RDT234WX-3D(BK) オープンプライス(11月28日発売)
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2012/1113.html

スマートフォンの表示画面を大画面かつ高画質で楽しめる「スマホビュー」機能を搭載したフルHD(1920×1080)対応のIPS方式23型ワイド液晶ディスプレイ2機種が三菱電機よりリリースされた。

非光沢パネル仕様の「RDT234WX-Z(BK)」は、120Hz駆動の倍速モデル。コマ間の動きを予想して新たな映像を作り出す倍速補完機能「倍速クリアピクチャー」により、毎秒60コマや30コマの映像でも残像感のない滑らかな表示を行うことができる。

倍速クリアピクチャーの仕組み

「RDT234WX-3D(BK)」は3D表示に対応するハーフグレアパネル採用モデル。3D方式には偏向方式が採用され、クロストークやちらつき感の少ない3D表示が可能。メガネはノーマルタイプと視力矯正メガネに装着するクリップタイプの2種類が同梱される。

そのほか2モデル共通機能として応答速度3.2ms(GTG)を実現する「オーバードライブチェンジャー」機能、フレーム遅延時間を表示する「フレーム遅延時間表示」機能、自然な解像度で高画質映像を表示する超解像度技術「ギガクリア・エンジンII」などが搭載される。

主なスペックは「RDT234WX-Z(BK)」が視野角上下/左右178度(コントラスト比10)、輝度350cd/m2、コントラスト比5000:1(CRO非動作時900:1)。インターフェイスはHDCP対応DVI-D×1、D-Sub×1、HDMI×2、D入力端子で、3W+3Wのステレオスピーカーを内蔵。外形寸法はW546×H453×D230mm、重量約5.0kg(スタンド含む)。

「RDT234WX-3D(BK)」が視野角上下/左右178度(コントラスト比10)、輝度240cd/m2、コントラスト比8000:1(CRO非動作時1000:1)。インターフェイスはHDCP対応DVI-D×1、D-Sub×1、HDMI×2、D入力端子で、2W+2Wのステレオスピーカーを内蔵。外形寸法はW545×H394×D170mm、重量約5.0kg(スタンド含む)。

文: GDM編集部 池西 樹
三菱電機株式会社: http://www.mitsubishielectric.co.jp/

totop