BD-R15倍速書込対応のBlu-rayドライブ、パイオニア「BDR-S08J」11月中旬発売

2012.10.17 14:22 更新

2012.10.17 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
パイオニア株式会社(本社:川崎市幸区)は2012年10月17日、BD-R15倍速書込をサポートするWindows 8対応内蔵型Blu-rayドライブ「BDR-S08J」シリーズを発表した。発売は11月中旬で、価格はオープンプライス。

Windows 8対応ソフトが付属する高速Blu-rayドライブ

「BDR-S08J」シリーズ オープンプライス(11月中旬発売)
BDR-S08J-W(クリアホワイト)/BDR-S08J-BK(ピアノブラック)/
BDR-S08J-KR(ラバーブラック)
http://pioneer.jp/press/2012/1017-1.html

BD-Rディスクへの15倍速書込を実現したBlu-rayドライブの新製品。高速回転に合わせて新クランパーを採用し、ディスクの回転を安定させ記録精度と静音性を向上。さらに目的に合わせて記録速度を優先する「ハイスピードモード」と記録精度や静音性を優先する「標準モード」の2種類の動作モードを切り替えて使用できる。

またネットワーク経由でBDディスクにデータを保存できる「DiXiM BD Burner 2013 for pioneer」が同梱され、ネットワークレコーダ「nasne」で録画した番組のバックアップも可能。そのほかCyberLink製「PowerDVD10」「PowerDirector 9」などの付属ソフトはすべてWindows 8に対応しており、幅広いOS環境で利用できる。

そのほかディスク表面に汚れや傷がある音楽CDでもデータ読み取りを可能とする「PureRead3+」、動作ピーク時の電力消費量を抑える「PEAK POWER REDUCER」、データ読み出し時に発生する信号のノイズをクリアにする「リミットイコライザー」、書込時の記録精度を向上する「ディスク共振スタビライザー」などの独自機能を搭載する。

書込速度は、BD-R×15倍速、BD-R DL×14倍速、BD-R TL×8倍速、BD-R QL×6倍速、BD-R(LtH)×8倍速、BD-RE×2倍速、BD-RE DL×2倍速、BD-RE TL×2倍速、DVD-R×16倍速、DVD-R DL×8倍速、DVD-RW×6倍速、DVD+R×16倍速、DVD+R DL×8倍速、DVD+RW×8倍速、DVD-RAM×5倍速、CD-R×40倍速、CD-RW×24倍速。

外形寸法はW148×D180×H42.3mm、重量740g。ディスクローディングタイプはトレー式で、設置条件は縦置き横置き両対応。なおバッファメモリサイズは4MBで、インターフェイスはSATA。

文: GDM編集部 池西 樹
パイオニア株式会社: http://pioneer.jp/

totop