AMD、これまでで最も低消費電力なHD 6250内蔵のタブレット向けAPU「Z-60」発表

2012.10.09 17:04 更新

2012.10.09 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
AMD(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2012年10月9日(現地時間)、タブレットや小型フォームファクタPC向け新型APU「Z-60」を発表した。2012年中の製品リリースに向け、すでに各メーカーへの出荷が始まっている。

よりハイパフォーマンスで薄型の端末を実現するAMDの新型モバイルAPU

New AMD Z-Series APU for Tablets Enables Immersive Experience for Upcoming Microsoft Windows 8 Platforms
http://www.amd.com/us/press-releases/Pages/new-amd-z-series-apu-2012oct9.aspx
http://www.amd.com/us/products/notebook/apu/Pages/tablet.aspx

AMDより、主にタブレット向けとなるパフォーマンスと電力特性に優れた新型APU「Z-60」が発表された。電力管理技術「AMD AllDay Power」に対応し、これまでで最も低消費電力なTDP4.5Wを実現。より一層の端末薄型化に貢献する。

CPUは動作クロック1GHzのデュアルコア構成で、L2キャッシュは1MB、メモリはDDR3 1066/DDR3L 1066、USB3.0をサポート。GPUコアは動作クロック275MHzのRadeon HD 6250を内蔵し、DirectX 11、フルHD 1080pの解像度、HDMI出力に対応する。

さらに低消費電力を生かして最大8時間の長大なバッテリー寿命を実現するほか、スタンバイ状態からWi-Fi接続までの時間を最小化する機能を搭載する。また、Windows 8をはじめ、Windows 7や各種Windowsプラットフォームに対応し、幅広いOS環境での動作が可能。今年中の製品リリースに向け、本日より各ベンダーへの出荷が開始されている。

文: GDM編集部 絵踏 一
AMD: http://www.amd.com/

totop