水冷&空冷ハイブリッドクーラーで静かに、強力に冷やす「ELSA GeForce GTX 680 HYBRID」近日発売

2012.10.01 17:00 更新

2012.10.01 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社エルザジャパン(本社:東京都港区)は2012年10月1日、水冷ユニットと空冷ファンを組み合わせたハイブリッド仕様のクーラーを搭載するGeForce GTX 680グラフィックスカード「ELSA GeForce GTX 680 HYBRID」を発表した。ビデオメモリ容量別に4GBモデルと2GBモデルがラインナップされ、市場想定売価はそれぞれ72,800円前後と64,800円前後。10月12日の発売が予定されている。 また、同時にロープロファイル仕様のGeForce GT 640グラフィックスカード「ELSA GeForce GT 640 LP」もリリース。こちらは10月5日発売予定で、市場想定売価は9,980円前後となっている。

リファレンスに圧倒的差をつける、OC仕様のスペシャルクーラー搭載モデル

ELSA GeForce GTX 680 HYBRID(4GBモデル) 市場想定売価税込72,800円前後(10月12日発売予定)
http://www.elsa-jp.co.jp/products/graphicsboard/geforce_gtx680_hyb_4gb/
ELSA GeForce GTX 680 HYBRID(2GBモデル) 市場想定売価税込64,800円前後(10月12日発売予定)
http://www.elsa-jp.co.jp/products/graphicsboard/geforce_gtx680_hyb_2gb/
ELSA GeForce GT 640 LP 市場想定売価税込9,980円前後(10月5日発売予定)
http://www.elsa-jp.co.jp/products/graphicsboard/geforce_gt640_lp/

ELSA GeForce GTX 680 HYBRID

ELSA GeForce GT 640 LP

優れた静音性と冷却性を両立する、水冷空冷ハイブリッドクーラー搭載のGeForce GTX 680グラフィックスカード「ELSA GeForce GTX 680 HYBRID」がELSAより発表、近く発売が開始される。GPUコアは静音タイプの液体冷却ポンプ、リザーバー、ラジエーターで構成される一体型水冷ユニットで強力に冷却、電源やメモリの冷却は空冷ファンが担当するという仕組みを採用。リファレンスに比べて高負荷時のGPU温度を20度、ファン騒音値が21dB低下するとされる。

それら優秀な冷却ユニットに支えられ、スペックはコアベースクロックが1,124MHz(リファレンス:1,006MHz)、メモリクロックが6,280MHz(リファレンス:6,008MHz)に高められたオーバークロック仕様。メモリ容量は4GBと2GBの2モデルが用意され、メモリバス幅は256bit。
 出力インターフェイスはDisplayPort×1、HDMI×1、DualLink DVI-I×1、DualLink DVI-D×1で、最大4画面出力に対応する。バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)で、PCI-Express補助電源は8pin×1+6pin×1構成。付属するELSAオリジナルのGPU管理ツール「ELSA GPU Optimizer」に対応している。

 また、同時にGeForce GT 640を搭載するミドルレンジ向けグラフィックスカード「ELSA GeForce GT 640 LP」もリリース。近日中に販売が開始される。スリムPCへの組込みに最適なロープロファイル仕様のコンパクト設計を採用する。

コアベースクロックは900MHzで、メモリクロックは1,782MHz。メモリバス幅128bit、GDDR3 1,024MBのビデオメモリを実装する。出力インターフェイスはHDMI×1、DualLink DVI-I×1、D-Sub×1。1スロット占有の空冷クーラーを搭載し、PCI-Express補助電源なしで駆動する。

文: GDM編集部 絵踏 一
株式会社エルザジャパン: http://www.elsa-jp.co.jp/

totop