VIA、レガシーシステム向けデュアルコアCPUボード「ETX-8X90」リリース

2012.09.28 16:51 更新

2012.09.27 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
VIA Technologies, Inc,(本社:台湾)は2012年9月27日(現地時間)、基板サイズ114×95mmのETX規格に準拠した組み込み向けCPUボード「ETX-8X90」を発表した。
  • VIA、レガシーシステム向けデュアルコアCPUボード「ETX-8X90」リリース

PCIやISAなどレガシーシステム向けETX対応CPUボード

PCIやISAバスなどレガシーシステム向けの標準規格ETXに準拠したCPUボード「ETX-8X90」がVIAより発表された。

CPUには1.2GHz動作のNanoX2 Eが実装され、チップセットには動画エンコード機能を備えたVIA VX900メディアシステムプロセッサ(MSP)を搭載。旧資産の運用が必要な、医療、試験・計測機器、産業オートメーション、交通機関などで電力効率に優れたシステムを構築できる。

ボードサイズはW114×D95mmで、メモリスロットはDDR3 SO-DIMM×1(最大4GB)。対応OSはWindows 7、Windows Embedded Standard 7、Windows XP Embedded、Windows Embedded Compact 6、Linux、VxWorks。またISAバス×1、PCI×1、IDE×2などレガシーポートを備えた開発用ベースボード「ETXDB1」 も同時に発表されている。

文: GDM編集部 池西 樹
VIA Technologies, Inc,: http://www.via.com.tw

totop