ZALMAN、実売5,000円台のメカニカルスイッチ搭載キーボードなど5機種

2012.09.26 17:19 更新

2012.09.26 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ZALMAN TECH(本社:韓国)国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は2012年9月26日、同社初のキーボード「ZM-K200M」「ZM-K300M」「ZM-K350M」「ZM-K400G」「ZM-K500」について、新規取り扱い開始を発表した。いずれも本日より発売が開始される。

ZALMAN製キーボード第1弾は多彩な5機種がラインナップ

ZM-K200M 市場想定売価税込780円前後(9月26日発売)
http://www.ask-corp.jp/products/zalman/keyboard/zm-k200m.html
ZM-K300M 市場想定売価税込850円前後(9月26日発売)
http://www.ask-corp.jp/products/zalman/keyboard/zm-k300m.html
ZM-K350M 市場想定売価税込1,180円前後(9月26日発売)
http://www.ask-corp.jp/products/zalman/keyboard/zm-k350m.html
ZM-K400G 市場想定売価税込2,980円前後(9月26日発売)
http://www.ask-corp.jp/products/zalman/keyboard/zm-k400g.html
ZM-K500 市場想定売価税込5,480円前後(9月26日発売)
http://www.ask-corp.jp/products/zalman/keyboard/zm-k500.html

ZALMAN初のキーボード製品が本日より発売開始。実売780円の低価格モデルから、ゲーミングモデルやメカニカルスイッチを採用した上位モデルまで5機種がラインナップされる。

「ZM-K500」は、Kailh社製リニアアクション式メカニカルスイッチを採用した上位モデル。キーボード左上には5つのマルチメディアキーを備え、音量調整、ミュート、ブラウザ起動、メーラーの起動を素早く行うことができる。

キー配列は94キー英語配列で、テンキーを省くことでW352×D169×H36mmのコンパクトサイズを実現。キー耐久性は2,000万回、キー反発力は1.5m、本体重量は850g。

ZM-K400G

「ZM-K400G」は、7個のマルチメディアキーと5個のプログラマブルキーを装備したゲーミングモデル。付属のドライバソフトにより、プリセットを3つまで保存可能。またキートップにはブルーとレッドのバックライトを装備し、明るさ調整や消灯も行える。

キー配列は118キー英語配列で、外形寸法はW463×D191×H30mm、重量700g。

ZM-K200M

ZM-K300M

ZM-K350M

「ZM-K200M」「ZM-K300M」「ZM-K350M」は、マルチメディアキーを搭載したエントリーモデル。なお「ZM-K200M」と「ZM-K300M」にはカーソルキーとゲーム操作での利用が多いWASDキー用青色キートップが付属される。外形寸法および重量は「ZM-K200M」がW445×D144×22mm、438g、「ZM-K300M」がW485×D213×H30mm、728g、「ZM-K350M」がW481 ×D182×32mm、568g。

文: GDM編集部 池西 樹
株式会社アスク: http://www.ask-corp.jp/
ZALMAN TECH: http://www.zalman.co.kr/

totop