エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.180

コンパクトかつ高機能を体現したMini-ITXマザーボード GIGABYTE「GA-H77N-WIFI」

2012.10.13 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Mini-ITXといえばコンパクトさを追求するあまり、性能や拡張性に乏しく価格も高価でマニア向けの印象が強かったのも今は昔。最近ではCPUの省電力化やマザーボードの多機能化、さらにSSDの登場もありコンパクトPC向けプラットフォームとして多くのユーザーに支持されている。 そんな注目のMini-ITXマザーボードから、今回はGIGABYTE「GA-H77N-WIFI」をチョイス。GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)日本法人、日本ギガバイト株式会社(本社:東京都千代田区)よりサンプルを借り受け、今時のMini-ITXマザーボードの実力をじっくりとチェックしていくことにしよう。
「GA-H77N-WIFI」 市場想定売価税込10,000円前後
製品情報(CFD株式会社)/製品情報(GIGABYTE TECHNOLOGY

充実したネットワーク機能を備えた「GA-H77N-WIFI」

チップセットにIntel H77 Expressを搭載した「GA-H77N-WIFI」は、170×170mmのコンパクト基板にSATA3.0(6Gbps)×2やUSB3.0×4など最新のインターフェイスを装備。さらにディスプレイ出力はHDMI×2、DVI×1、ネットワーク機能はギガビットLAN×2、IEEE 802.11 b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0に対応し、上位マザーボードにも匹敵する充実した拡張性を備えている。
 またノートPCを中心に採用が進むインテルワイヤレスディスプレイ(WiDi)をサポートするのも特徴のひとつ。出力機器側の対応やWiDi受信機が別途必要になるなど制限もあるが、フルHDの高精細映像をワイヤレスで大型テレビや液晶ディスプレイに表示できるため、リビングPCとして使う場合は有望な機能となるだろう。

品質面ではGIGABYTE独自品質基準「Ultra Durable 4 Classic」に準拠し、新開繊クロス式PCB、静電気放電に強いICチップ、抗サージ特性を持つICチップ、低RDS(on) MOSFETといった高品質コンポーネントを採用。「湿度」「静電気」「電源断」「熱」といった障害からマザーボードをしっかりとガードし安定性と耐久性が高められている。

白を基調としたおなじみのカラーリングを採用したパッケージ。前面には「インテルワイヤレスディスプレイ」や「Ultra Durable 4 Classic」対応が大きく謳われる
コンパクト基板に多彩な機能を詰め込んだ「GA-H77N-WIFI」。ワイヤレスモジュールはminiPCI-Expressスロットにあらかじめ装着されている
付属品はドライバCD、ユーザーマニュアル、バックパネル、SATAケーブル×2、無線LANアンテナ×2
totop