【店長ナカジマのレアモノPickup!】邪魔なケーブルにさよなら!電池で動く「電池deどこでも半田ごて」を使いましょう

2019.03.17 00:00 更新

2019.03.17 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

アキバのど真ん中にあるサンコーレアモノショップ秋葉原総本店店長の中島さんが、おもしろグッズや気になるアイテムを紹介してくれる「レアモノPickup!」。今回は、完全ケーブルレスの電池式半田ごて「電池deどこでも半田ごて」が登場します。

電池deどこでも半田ごて 売価税込3,580円
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2019/0313/297283

アキバの真ん中で、おもしろ雑貨やお役立ちなガジェットが買えちゃうサンコーレアモノショップにようこそ!店長の中島です。今回は、久しぶりに登場した半田ごての新製品をご紹介しようと思います。以前に扱っていたUSB接続のタイプは、かなり息の長いヒット商品になりました。でも新しく登場した「電池deどこでも半田ごて」は、ちょっと一味違った半田ごて。なんと完全ケーブルレスの電池式なんです!名前ですぐ分かっちゃいますけどね(笑)。

190317rare_1024x768c
半田ごてにつきものなケーブルがない!電池駆動でどこでも使える、その名も「電池deどこでも半田ごて」が今回の主役です

半田ごてはコンセントかUSBに繋ぐタイプがほとんどですが、どれもケーブルの取り回しが厄介ですよね。作業中に引っかかったり、あるいは使おうと思ったら電源が近くになかったり。そんな時に便利なのが電池式!邪魔になるケーブルがそもそもありませんし、場所を選ばずどこでも使えます。

それと電源が電池でも、しっかり熱が出るところもポイント。電源を入れて12秒ほどで半田付けできる温度(約185℃)まで上がります。最大温度は450℃と、パワーは申し分なし。ボタンを離せば自動で電源が切れる仕組みなので、安全性もバッチリですね。

190317rare_1024x768d 190317rare_1024x768e
電池式でも出力の心配はご無用、半田付け温度にも12秒程度で達する仕様です。電源ボタンも安全性に配慮した構造、電源は単3電池×3本ナリ

ただし電池式ながらそれなりのパワーもあるモデルなので、連続使用時間は約30分と短め。工作でバリバリ半田付けをするような方にとっては、メインとは別の“手軽に扱えるセカンド機”として使っていただくのがいいと思います。逆にそれほど長時間の工作をしない方なら、ケーブルのないコレで決まり!お値段もお手頃ですし、1つ手元にあると色んな工作や加工に活躍してくれますよ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
サンコーレアモノショップ秋葉原総本店: http://www.gdm.or.jp/shop/thanko/

totop