【コレオシ】エルゴマウスが未体験なら試してほしいドイツ製のお手頃モデル

2019.03.11 00:00 更新

2019.03.10 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

縦型のエルゴノミクスデザインマウス、Perixx「PERIMICE」シリーズが人気だ。初回ロットは1週間ほどで完売。現在はセカンドロットを販売中という東映ランドの西出さんにコレオシしてもらおう。

Vol.1642 ~東映ランド 西出さん
PERIMICE-513 売価税込1,449円
PERIMICE-513L 売価税込1,949円
PERIMICE-713 売価税込1,949円
PERIMICE-713L 売価税込2,999円
http://www.gdm.or.jp/crew/2019/0219/294561

代理店からオファーがあった時「これはいけるかな」と思いました。安価な縦型エルゴノミクスデザインのワイヤレスマウスは意外と少ないんですよ。メーカーはあまり聞き慣れないPerixxと言いまして、ドイツ デュッセルドルフにある入力デバイス専門メーカーです。キーボードやマウスを幅広く扱うメーカーで、今回入荷した「PERIMICE」シリーズは、なかなかシッカリとした作りです。

20190310_kore_1024x768_03

ラインナップは、有線タイプで右利き用「PERIMICE-513」、左利き用「PERIMICE-513L」。ワイヤレスタイプで右利き用「PERIMICE-713」、左利き用「PERIMICE-713」の計4モデル。特に左利き用のエルゴマウスは貴重とあって、初回入荷分から好調なセールスを記録しました。

20190310_kore_1024x768_04 20190310_kore_1024x768_05
有線タイプの「PERIMICE-513/L」。一番人気はスタンダードな右利き用 ワイヤレスタイプの「PERIMICE-713/L」。左利き用までラインナップするのは珍しい

実際に握ってみると、確かに手首の負担が少ない印象。どうしても初めは通常のマウスと比較すると違和感がありますが、慣れるとクセになる。ドイツメーカーが手掛けた製品のためか、日本人の手には若干大きい気もしますが、不自由を感じるほどではありません。

20190310_kore_1024x768_06 20190310_kore_1024x768_07
実際に握ったところ。手首が曲がらず自然なポジションが取れる

エルゴデザインのマウスはどうなんだろう?と思う人は多いでしょう。でも価格が安いので、お試しにはピッタリですね。購入前に直接触れることも可能。店頭で気軽に声をかけてください。

20190310_kore_1024x768_08 20190310_kore_1024x768_09
ワイヤレスタイプは解像度が1,000/1,500dpi/2,000dpiから選択できる

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
東映ランド: http://www.gdm.or.jp/shop/2013/0828/42349
Perixx: https://perixx.com/

totop