物理スライドでインカメ出現、前面がすべてディスプレイの「Honor Magic 2」入荷

2018.11.29 12:19 更新

2018.11.29 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

物理スライド式のギミックでベゼルレスを実現した、Huaweiの最新スマートフォン「Honor Magic 2」が登場。取り扱っているのはイオシス アキバ中央通店などのイオシス各店で、店頭価格は税込99,800円。

画面占有率91.5%。両面にトリプルカメラも備えるハイスペックモデル

Honor_Magic2_akiba_1024x768c
ギミックによりフルベゼルレスを実現した、Huaweiの最新スマホ。6.39インチながら、片手でも持てるスリム仕様になっている

Huaweiが先月に発表した、最新スマートフォンの「Honor Magic 2」がアキバ店頭に入荷。フロントのカメラモジュールを本体に内蔵、スライドして露出させるギミックにより、ノッチのないフルベゼルレスを実現している。

ディスプレイは画面占有率91.5%に達する6.39インチ有機ELで、解像度2,340×1,080ドット(403ppi)、画面内指紋認証にも対応。また、「HUAWEI Mate 20 Pro」のようなライカ製レンズではないものの、前後両方にトリプルカメラを装備する、強力なカメラ機能を備えている。

Honor_Magic2_akiba_1024x768d Honor_Magic2_akiba_1024x768e
画面全体をスライドさせてインカメラを露出させるという、物理ギミックを採用。手に心地よいスライド機構は歪みがなく精密で、耐久性にも優れている
Honor_Magic2_akiba_1024x768f
防滴仕様のガラスボディを採用した背面には、トリプルカメラを実装。フロント側もトリプルレンズ仕様で、両面で合計6基のカメラを内蔵している

プロセッサは最新のKirin 980、メモリ8GB、ストレージ256GBを実装。カメラはフロント側が1,600万画素+200万画素+200万画素で、リアが1,600万画素+2,400万画素+1,600万画素レンズをそれぞれ搭載、AI分析にも対応する。なお、OSはAndroid 9.0ベースの「Magic UI 2.0」で、新しくAIアシスタントの「YOYO」にも対応する。

そのほか、IPX2準拠の防滴ボディ、40Wの急速充電に対応した3,500mAhバッテリーを採用。nanoSIM×2のデュアルSIM仕様で、ネットワークはFDD-LTEバンド 1/2/3/4/5/6/7/8/12/17/19、TD-LTEバンド 34/38/39/40/41などに対応している。

Honor_Magic2_akiba_1024x768g Honor_Magic2_akiba_1024x768b
nanoSIM×2のデュアルSIMスロット、Type-Cなどを搭載。全3色のカラバリが入荷、それぞれ複数台を在庫している

なお、今回入荷したのはすべて中国向けモデル。ショップによれば「買い取りで入荷した未使用品」とのこと。カラーはブラックとブルー、レッドの全3色が入荷している。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
イオシス アキバ中央通店: http://www.gdm.or.jp/shop/iosys-chuou/

totop