気分落ち着く?それともアガる?光るメカニカルスイッチ型キーホルダーが明日発売

2018.08.09 12:01 更新

2018.08.09 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

光るメカニカルスイッチをキーホルダーに加工した「LEDバックライト付き キーホルダー 青軸風」が上海問屋から明日発売。ドスパラ秋葉原別館における予価は税抜463円だ。

カチカチ押せてしかも光る。発光色別に4モデルが発売

switch_keyholder_1024x768c
いつでもどこでもメカニカルスイッチを押しまくれる、キースイッチ型のキーホルダーが上海問屋から明日発売。キーボードマニアにとっては、最高のストレス解消になりそう

メカニカルスイッチをそのままキーホルダーに加工、いつでもキーボードの感触が味わえる「LEDバックライト付き キーホルダー 青軸風」が上海問屋から10日(金)に発売。ワンコイン500円というお手頃な価格にて、日々のストレス解消や暇つぶし用にメカニカルスイッチを持ち歩くことができる。

長尾製作所の「メカニカルキーボードキーホルダー青軸」の場合は職人の手による金属ベースが特徴だったところ、こちらはイルミネーションキーボードさながらの発光ギミックが魅力。押した感触に加えて、目で楽しむ要素も備えている。

switch_keyholder_1024x768d switch_keyholder_1024x768e
押して楽しむだけでなく、眺める楽しみもプラスした発光ギミック付き。カラーは4色で、イルミネーションキーボードのような発光を楽しめる

内蔵LEDカラーは、ブルー/グリーン/オレンジ/クリアの合計4色をラインナップ。「青軸風メカニカルスイッチ」をクリアタイプのハウジングに収め、さらに接点をボタン電池に接触させて通電させるという仕組みだ。

メカニカルスイッチは、その名の通りCherry MX青軸のようなタクタイルフィールとクリック音が同時に楽しめるタイプ。電源には「CR1216」タイプのボタン電池が使われているが、どうやら交換は難しそうだ。

switch_keyholder_1024x768f switch_keyholder_1024x768g
内部構造が見えるクリアタイプのハウジングを採用。底面には発光用の電源に使用する、「CR1216」ボタン電池が格納されていた

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
ドスパラ秋葉原別館: http://www.gdm.or.jp/shop/dos/

totop