長尾製作所が製造した「LGA115x CPUはいるキーホルダー」は夏コミで買える

2018.08.09 12:00 更新

2018.08.09 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

アユートのカスタムパーツブランドProject M。その生みの親である元店員M氏と、某大手ショップ店員のISHII氏が企画した、「LGA115x CPUはいるキーホルダー」が10日(金)から始まる「コミックマーケット94」で頒布される。

長尾製作所が作った自作派のためのキーホルダーケース

「LGA115x CPUはいるキーホルダー」 価格1,400円(コミックマーケット94)
頒布日時:1日目(8月10日)西1ホール
も-06a サークル名「七十七」
も-06b サークル名「PC_MOD」
https://akibatenm.net/2018/08/02/119/

「使わなくなったCPUがもったいない」という、ISHII氏のひと言から始まったというこの企画。Project Mブランドを手掛けるアユートの元店員M氏が、長尾製作所に依頼して完成したのが「LGA115x CPUはいるキーホルダー」だ。

20180809_tem_1024x768c

素材はアルマイト加工が施されたアルミニウム製。構造はシンプルで、CPUを2つのプレートに挟んでネジ留め。ヒートスプレッダが露出した状態のキーホルダーが完成する。

20180809_tem_1024x768d
製品構成は2枚のアルミプレートとストラップ、そしてネジだけ
20180809_tem_1024x768e 20180809_tem_1024x768f
組み立ては簡単。1分足らずでお気に入りのCPUがキーホルダーになるというワケ

対応CPUは、LGA 1156/LGA 1155/LGA 1150/LGA 1151(Skylakeのみ)。Kaby LakeとCoffee Lakeについてはヒートスプレッダの形状が異なるため非対応。なお「LGA 775も取り付けることができた」(ISHII氏)とのこと。

20180809_tem_1024x768g 20180809_tem_1024x768h
ストラップを使ってカバンに取り付けるのがオススメの使用方法とか

頒布されるのは、元店員M氏のサークル「PC_MOD」のほか、その隣に出展するISHII氏のサークル「七十七」の2カ所。ほかにも、自作PCを楽しむ本「GPUマイニング編」(500円)やPCパーツ好きのための写真集「enth.Q3」(1,000円)の頒布も予定されている。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi
有限会社長尾製作所: http://www.nagao-ss.co.jp/

totop