画面内指紋認証に対応、“潜望鏡”風のギミックカメラ搭載スマホに上位版「NEX S」

2018.08.03 10:43 更新

2018.08.03 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

ユニークなカメラギミックによるノッチなし全画面ディスプレイに加え、画面内指紋認証に対応したスマートフォン「Vivo NEX S」がアキバ店頭に入荷している。取り扱っているのはイオシス アキバ中央通店と同路地オモテ店で、店頭価格は税込102,800円だ。

指紋認証センサーを画面下に搭載。スペックも通常版から強化

NEX_S_1024x768c
ギミックカメラや画面振動によるスピーカー機能、各種センサー配置の最適化により、“真の全画面ディスプレイ”を実現。あの「Vivo NEX」に上位版が登場した

特殊なカメラ機構によりディスプレイ上の“異物”を排除、ノッチのない完全な全画面ディスプレイを実現した最新スマートフォン。7月に先行で入荷していた「NEX A」の上位モデルにあたる、性能強化版「Vivo NEX S(Ultimate)」の販売がスタートした。

アプリに連動して自動でポップアップする、インカメラの“潜望鏡ギミック”は健在。さらに上位モデルの「NEX S」は基本スペックが向上したほか、指紋認証センサーを画面下に搭載したことで、画面内指紋認証に対応している。

NEX_S_1024x768d Vivo_NEX_1024x768d
指紋認証センサーを画面下に設けた、画面内指紋認証に対応。シリーズの特徴でもある、せり出すギミック式のインカメラも搭載している

ディスプレイは2,316×1,080ドットの6.59インチ有機ELを採用、プロセッサは最上位のSnapdragon 845(オクタコア/2.7GHz)、メモリ8GB、ストレージ128GBを実装。OSはAndroid 8.1をベースとしたiOS風の独自UI Funtouch OS 4.0で、AIアシスタントの“Jovi”を搭載している。

そのほか、4軸手ブレ補正やAI分析に対応した1,200万画素+500万画素のデュアルカメラや4,000mAhバッテリーを内蔵。nanoSIM×2のデュアルSIM仕様で、ネットワークはLTEバンド1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/34/38/39/40/41などに対応している。

NEX_S_1024x768e NEX_S_1024x768f
指紋認証センサーが画面下に移動したことで、背面はスッキリしたデザインに。それ以外の見た目は「NEX A」と変わりないが、内部のスペックは大きく強化されている

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
イオシス アキバ中央通店: http://www.gdm.or.jp/shop/iosys-chuou/

totop