【COMPUTEX】エアフロー重視のフロントメッシュミドルタワー、BitFenix「Fujin」

2018.06.11 16:32 更新

2018.06.11 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

BitFenix Co. Ltd.(本社:台湾)は、「COMPUTEX TAIPEI 2018」に合わせてフロントメッシュの高エアフローミドルタワーPCケース「Fujin」を発表した。国内発売も予定されている新作PCケースをじっくりチェックしていこう。

トップは静音向けのソリッドパネルとメッシュパネルのコンパーチブル仕様

2018Comp_0611_BitFenix_04_1024x768_03

日本市場でも人気が出そうな、シンプルデザインを採用するミドルタワーPCケースがBitFenixから。左サイドはドレスアップに最適な4mm厚の強化ガラスパネルで、フロントトップにはASUS「Aura Sync」対応のRGB LEDライティング機能を備えた。

2018Comp_0611_BitFenix_05_1024x768_05 2018Comp_0611_BitFenix_06_1024x768_05
強化ガラスパネルのフロント側は、はめ込み式のガイドレールで、ケースへの固定はリア側2箇所のネジ留めのみ。なお製品開発を担当しているAlvin Chan氏によれば、ガイドレールの貼り付けには通常の接着剤より高価な3M製を採用しており、非常に堅牢な仕上がりとのこと

フロントパネルは「Fujin」の名に合わせてエアフローを重視したメッシュパネルを採用。またトップは静音性を重視したソリッドパネルと、エアフローを重視したメッシュタイプの2パターンをシーンに合わせて選択できるコンパーチブル仕様とした。

2018Comp_0611_BitFenix_04_1024x768_04 2018Comp_0611_BitFenix_04_1024x768_05
トップパネルはメッシュパネルとソリッドパネルのコンパーチブル仕様

冷却ファンはフロント120mm RGB LEDファン×3、リア120mm×1を標準装備し、フロントは140mm×2への換装も可能。さらにトップ120mm×3/140mm×2を増設でき、水冷用ラジエターはフロントとトップが360mmまで、リアが120mmまで搭載することができる。

2018Comp_0611_BitFenix_07_1024x768_05
背面部には2.5/3.5インチ兼用ベイ×2や2.5インチシャドウベイ×2を搭載。また20mmの裏配線用スペースが設けられている

その他、ドライブベイは2.5/3.5インチ兼用ベイ×2、2.5インチシャドウベイ×2、拡張スロットは7段を備え、グラフィックスカードは最長440mm、CPUクーラーは最高155mm、電源ユニットは最長220mmまでサポート。さらに背面部には20mmの裏配線スペースが設けられている。

2018Comp_0611_BitFenix_06_1024x768_08
背面の拡張スロットカバーもエアフローを重視したメッシュ仕様のものが採用されていた

外形寸法はW205×D495×H460mm。グローバル市場向け発売は10月頃予定で、市場想定売価は89.9ドル。なお同行した代理店関係者によれば、国内での取り扱いも予定しているとのことなので、正式発表を楽しみに待つことにしよう。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
BitFenix Co. Ltd.: http://www.bitfenix.com/
COMPUTEX TAIPEI 2018 記事一覧: http://www.gdm.or.jp/computex2018/

totop