【COMPUTEX】欧米市場からのリクエストに応えたデコレーション筐体、Antec「Krypton」

2018.06.10 08:06 更新

2018.06.10 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

製品の概要が記されたプレートに「TBC」(To Be Confirmed)の文字が付くAntecの新作「Krypton」。Antecと言えば、フラットデザインのシンプルさがウリのはずが、欧米市場からは多少の不満があったらしい。"らしからぬ”デザインのPCケースをご紹介しよう。

AntecらしからぬデザインのデコレーションPCケース「Krypton」

Antecと言えば、国内市場にも多くの愛好家がいる。シンプルなフラットデザインが特徴のPCケースは、Antecの代名詞であり、主力「Performance」シリーズには、多くの傑作が名を連ねてきた。

しかし欧米市場には、やや不満があるようだ。「P100」「P110 Silent」の癖が無いデザインばかりでは飽き足らず、「ゲーミング向けPCケースは作れないのか」という声があるという。”飽きのこないデザインに、欧米市場が飽きた”という事のようだが、そのリクエストに応える格好で完成したのが「Krypton」だ。

krypton_01_1024x768

担当者によると、既存のシャーシを流用したものではなく、新たに金型を起こしたという。ここまでくると、量産はほぼ間違い無いだろう。ちなみに展示品は取材3日前に到着したばかりの試作初号機だ。

フロントパネルには中央の上下にステイが装着され、立体感を演出。隙間から見えるシャーシ面には、3基のLEDファン「Prizm 120 ARGB」が搭載され、既に見慣れたAntecのデザインではなかった。

krypton_04_1024x768 krypton_05_1024x768
krypton_06_1024x768 krypton_07_1024x768

シャーシ内部構造を見ると、底面にはボトムカバー(シュラウド)を装備するイマドキ仕様。電源ユニットを覆い隠す部分は着脱式で、搭載モデルの銘柄が露わになる。さらにカバー全体も取り外しが可能で、組み込み時プラグインコネクタの抜き挿しが楽になるだろう。

krypton_08_1024x768 krypton_10_1024x768
グラフィックスカード用のホルダーも標準装備。長モノ基板の歪みを防止する トップカバーデザインもゲーミングPCケースを意識したもの
krypton_09_1024x768 krypton_13_1024x768
ケーブルマネジメント対策も万全。マザーボードトレイ背面にはRGBファンのコントロールユニットが標準で装備されていた

背面に回ると、既存のスチールシャーシにプラスチック製で背が高く、”それらしく”装飾されたトップカバーが載せられいる「Krypton」。両サイドパネルは強化ガラス製で、背面に蝶番が確認できる。

krypton_11_1024x768
krypton_12_1024x768 デモ機に搭載された冷却ファンは、フロントx3基、トップx3基、リアx1基で、いずれも120mm口径。ただし全ての箇所で140mm口径ファンにも対応するという。なおドライブベイは2.5/3.5インチ共用x4、2.5インチ専用x2

外形寸法はW262xD575xH692mm。素材構成は0.8mmと1.0mmスチールおよびABS樹脂。各クリアランスはグラフィックスカードが長さ最大420mmまで、CPUクーラーが高さ最大195mmまで、電源ユニットが奥行き最大250mmまで。

聞くところによると、発売は年内が想定されているそうで、予価は税抜24,980円前後。ゲーマー御用達PCケースの仲間入りはできるだろうか。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
Antec: https://www.antec.com/
COMPUTEX TAIPEI 2018 記事一覧: http://www.gdm.or.jp/computex2018/

totop