【COMPUTEX】MSI、AMD X399チップ搭載のウルトラハイエンド「MEG X399 CREATION」準備中

2018.06.07 00:24 更新

2018.06.07 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

MSI(本社:台湾)ブースで、AMD X399チップを搭載するウルトラハイエンドマザーボード「MEG X399 CREATION」を発見。クリエイター向けに設計されたというその機能の数々を画像を中心に紹介していこう。

実に19フェーズにおよぶ強力な電源回路を搭載

MSIは、AMDのHEDTプラットフォームSocket TR4向けチップセットAMD X399を搭載する、ウルトラハイエンドマザーボード「MEG X399 CREATION」を発表した。なお現時点で発売日や市場想定売価については未定とのこと。

20180606_01_msi_mother_03 20180606_01_msi_mother_04
デジタル電源回路には、ヒートパイプで連結された大型ヒートシンクを搭載

マルチスレッド処理や、高速なGPU演算が必要とされるクリエイター向けに設計された製品で、電源回路にはSocket TR4では間違いなく最高峰となる19フェーズにおよぶデジタル電源を搭載。さらにCPUソケットのトップと左サイドにはヒートパイプで連結された大型のヒートシンクを、補助電源コネクタは8pin×2を備えている。

20180606_01_msi_mother_05
CPUソケットを挟み込むように左右4本、計8本のメモリスロットを搭載

担当者は明言を避けたものの、これら過剰とも思えるCPU周りの装備は6月6日に正式発表された32コア/64スレッド構成の第2世代「Ryzen Threadripper」を見据えたものと考えて間違いないだろう。

20180606_01_msi_mother_06
バックパネルインターフェイスも非常に充実した構成。ネットワーク機能も3系統を備え、帯域幅不足することはないだろう

現時点で判明しているスペックは、メモリスロットは4本、ネットワークがIntelチップによるデュアルギガビットLANと無線LAN機能を備え、サウンド回路には「Audio Boost」を搭載。SATAポートは8口、M.2は3スロットを標準装備する。

20180606_01_msi_mother_07 20180606_01_msi_mother_08
MSI「AERO」シリーズのグラフィックスカードと見た目瓜二つのM.2クーラーが付属する

なおMSIでは「MEG X399 CREATION」の発売に合わせるように、M.2スロットを4枚搭載できる拡張カード「M.2 XPANDER-AERO」を準備中。こちらを使えば最大7枚のM.2 NVMe SSDを搭載できるようになるという。

20180606_01_msi_mother_09 20180606_01_msi_mother_10
ブースでは、4枚のM.2 NVMe SSDを搭載した「M.2 XPANDER-AERO」の実動デモが実施されていた

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): https://www.msi.com/
COMPUTEX TAIPEI 2018 記事一覧: http://www.gdm.or.jp/computex2018/

totop