【COMPUTEX】今年のG.SKILL最速メモリ、定格5,066MHzで動く「Trident Z RGB」

2018.06.06 19:21 更新

2018.06.06 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

例年COMPUTEXにて高速メモリを出展するG.SKILL International Co. Ltd.,(本社:台湾)では、今年の最速メモリを実働デモ中。RGBライティング対応の「Trident Z RGB」に定格5,066MHz動作のモデルが加わる?

OC不要で5,066MHz動作を達成した、超選別チップ実装の高速メモリ

TridentZ_RGB_5066_1024x768c
Thermaltakeのオープンフレームケースに搭載されたシステムにて、G.SKILL今年の最速メモリが動作していた

G.SKILLブースの真ん中に展示されていたのは、RGBライティング対応のハイエンドメモリ「Trident Z RGB」を搭載したマシン。これが今年G.SKILLが持ち込んだ最速メモリで、クロックは5,066MHzで動作していた。

TridentZ_RGB_5066_1024x768a
デモ中の製品は、RGBライティングに対応する「Trident Z RGB」。現状で最高レベルの選別チップで構成されているという

ちなみにデモされていたDDR4 16GBキットはオーバークロック動作ではなく、あくまで定格動作。G.SKILLが厳選した超選別チップを実装、定格でこの高クロック動作を実現しているという。

そのため、現時点では実際に販売するかどうかは未定という。仮に店頭に入荷しても、かなりの高値になりそうだ。

TridentZ_RGB_5066_1024x768d
ちょうど確認したところでは、DDR4 5,067MHzで動作中。メモリタイミングはCL 21-26-26-54だった

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
G.SKILL International Co. Ltd.,: http://www.gskill.com/
COMPUTEX TAIPEI 2018 記事一覧: http://www.gdm.or.jp/computex2018/

totop