【COMPUTEX】SFX規格にしてフルモジュラー。In Win「PRIME CORE PC 700W」

2018.06.06 12:09 更新

2018.06.06 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

In Win Development(本社:台湾)のブースには、複数の電源ユニットが展示されていた。その中から1台を選ぶとすれば、SFX規格ながらフルモジュラーの容量700Wモデル「PRIME CORE PC 700W」だろう。

これは”需要アリ”な小型筐体向け電源ユニット

間もなく販売が開始される、Mini-ITX専用Cube型ケース「A1」など、小型PCケースもラインナップするIn Win。省スペースPCの需要を知ってか、新たに「PRIME CORE」シリーズを投入する。

SFX規格の「PRIME CORE」シリーズは、ATX12Ver2.4準拠の80PLUS GOLD認証電源ユニット。限られた容積の中に詰め込むには便利な、フルモジュラー式が採用されている。なお+12Vは1系統(58.4A)。

inwinpc700w_1024x768b

国内市場におけるSFX規格電源と言えば、エルミタレビューでも検証機材として三度登場するSilverStone「SST-ST30SF V2」や、CORSAIR「SF600 CP-9020105-JP」が人気だが、In Winが用意するのは容量700Wの「PRIME CORE PC 700W」。選択肢が少ない高出力タイプだけに、注目のモデルになるだろう。

なお本体には92mm口径ファンは騒音値18dBA(50% Loading)で動作。OCP(過電流保護)、OVP(過電圧保護)、UVP(低電圧保護)、SCP(ショート保護)、OTP(過温度保護)、OPP(過負荷保護)の各種保護回路を搭載させた。

外形寸法はW125xL100xH63mm。MTBFは100,000時間。なお国内発売の予定はあるものの、現時点具体的なスケジュール確定までには、もう少し時間が掛かるようだ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
In Win Development: https://www.inwin-style.com/
COMPUTEX TAIPEI 2018 記事一覧: http://www.gdm.or.jp/computex2018/

totop