【COMPUTEX】In Win、立ち昇る“気”をイメージした超弩級のフルアルミケース「Z-Tower」

2018.06.06 03:20 更新

2018.06.05 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

毎年「COMPUTEX TAIPEI」に合わせて、ユニークなコンセプトPCケースを披露するIn Win Development(本社:台湾)。今回は立ち昇る“気”をイメージしたという、イラストのようなデザインのアルミニウムPCケース「Z-Tower」を披露した。

重さも価格も規格外のフルタワーアルミニウムPCケース

In WinのコンセプトPCケース第8世代となる「Z-Tower」が「COMPUTEX TAIPEI 2018」でお披露目された。

COMP_2018_0606_01_1024x768_01
展示台には、より“気”イメージしやすいようスモークが発生するギミックが搭載されていた

「Winbot」「H-Tower」など、最近はメカニカルな製品が多かったIn WinのコンセプトPCケース。しかし、今年はガラリと趣向を変え、こういったギミックを排除。立ち昇る“気”をイメージしたという、ユニークなデザインのフルタワーアルミニウムPCケースを持ち込んだ。

COMP_2018_0606_02_1024x768_04
こちらは展示されていたアルミニウムパネルのサンプル。1つ1つが非常に重い

絵画さながら“気”を表現するためフレームの周囲には、厚さ50mm(最厚部・実測)を超える鋳造したアルミニウムパネルを惜しげもなく使用しており、重量は単体で40kgオーバー、市場想定売価はなんと約4,300ドルという規格外のPCケース。同行した代理店スタッフが、説明を聞いたあとに「これは受発注決定だな・・・あとは発送をどうするか」とつぶやいていたのが印象的だった。

COMP_2018_0606_02_1024x768_05
トップとボトムにある網目状のフレームで側面のアルミニウムパネルを固定している。なおアルミニウムパネルは可動式のため内部へのアクセスも容易に行えるという

なお判明しているスペックを確認すると、ドライブベイは2.5インチシャドウベイ×2、3.5インチシャドウベイ×2、冷却ファンはトップ120mm×3(360mmラジエターにも対応)で、拡張スロットは8段。マザーボードはE-ATXまで、グラフィックスカードは奥行340mm、CPUクーラーは全高170mm、電源ユニットは奥行210mmまでサポートする。

COMP_2018_0606_02_1024x768_08
COMP_2018_0606_02_1024x768_06 COMP_2018_0606_02_1024x768_07
今回展示されていたのはシルバーとブラックの2色だが、製品版でもそのままになるかは不明だ

なおイベントで展示されていたのはシルバーとブラックの2色だが、製品版のカラー展開は不明。発売日もいまのところ未定とのこと。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
In Win Development: https://www.inwin-style.com/
COMPUTEX TAIPEI 2018 記事一覧: http://www.gdm.or.jp/computex2018/

totop