【COMPUTEX】GIGABYTE、AORUSブランドでメモリ市場に参入。ダミーモジュールを同梱

2018.06.05 13:15 更新

2018.06.05 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)は「COMPUTEX TAIPEI 2018」において、同社初となるDDR4メモリを発表した。ゲーミングブランドAORUSからのリリースは、2018年第4四半期頃とされる。

DDR4 8GBx2枚+ダミーモジュールx2枚セット

不安定な相場ながら敢えて半導体製品に参入にチャレンジするGIGABYTE。AORUSブランドから発表されたDDR4メモリは、DDR4(PC4-25600)8GBの2枚セット。スペックはCASレイテンシ16-18-18-38の1.35Vで、現時点1製品のみで展開される予定。ただし今後ラインナップは増える見込み。

サンドブラスト加工のヒートスプレッダを装着し、トップ部にはRGB LEDモジュールを内蔵。GIGABYTE「RGB Fusion」を介して光のコントロールができる。ただし非対応の他社製マザーボードに装着した場合でも、固定パターンでの発光は楽しめるというワケだ。

gigamem_1024x768e

展示デモはメモリスロットを全て埋めた4枚挿し。このキットの面白いところは、空きスロットの見映えを改善すべく、Samsung B-dieのメモリチップ実装2枚に加え、ダミーモジュール2枚を同梱。端子の無い基板には、RGB LEDモジュール搭載のヒートスプレッダが装着され、もちろん4枚フルで発光イルミネーション機能に対応する。

gigamem_1024x768c

現時点での想定売価は229ドルだがあくまで参考レベル。国内市場での販売が確定次第、詳細をお届けする事になるだろう。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
GIGABYTE TECHNOLOGY: http://www.gigabyte.com/
COMPUTEX TAIPEI 2018 記事一覧: http://www.gdm.or.jp/computex2018/

totop