3D Xpoint採用SSD、Intel「Optane SSD 905P」にU.2対応モデルが登場

2018.05.24 18:38 更新

2018.05.24 取材

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

3D Xpointを採用するIntel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)のコンシューマ向けハイエンドNVMe SSD「Optane SSD 905P」にU.2モデルが登場。容量は480GBで、販売価格は税込77,414円~79,800円。

ヒートシンク形状の2.5インチケースを採用するU.2モデル

Optane SSD 905Pシリーズ
SSDPE21D480GAM3(480GB/M.2アダプタ付属) 販売価格税込77,414円~79,800円
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/2018/0501/261314
https://ark.intel.com/ja/products/147528/Intel-Optane-SSD-905P-Series-480GB-2_5in-PCIe-x4-3D-XPoint

先週より発売が開始された3D Xpoint採用のNVMe SSD「Optane SSD 905P」に、容量480GBの2.5インチU.2モデルが登場した。なお今回入荷したのはM.2変換アダプタが付属する「SSDPE21D480GAM3」で、U.2ケーブルが付属する「SSDPE21D480GAX1」も近日中に入荷する予定だ。

20180524_akiba_02_1024x768_04
今回入荷したのはM.2変換アダプタが付属する「SSDPE21D480GAM3」。U.2ケーブルが標準で付属する「SSDPE21D480GAX1」も近日中に入荷する予定だ

主なスペックは、インターフェイスがPCI-Express3.0(x4/NVMe)、転送速度はシーケンシャル読込2,600MB/sec、書込2,200MB/sec、ランダム読込575,000 IOPS、書込550,000 IOPS、レイテンシは読込、書込とも10μs。シーケンシャルアクセスについては標準的なNANDフラッシュタイプのNVMe SSDと変わらないものの、ランダムアクセスとレイテンシが非常に高速なのが特徴だ

Optane_905_880x660
ケースの一部をヒートシンク形状にすることで放熱性を高めている

筐体サイズは15mm厚の2.5インチフォームファクタで、放熱面積を広げるため天板部分をヒートシンク形状にした専用ケースを採用。書込耐性は8.76PBW、MTBFは160万時間で、製品保証は5年間。なお販売ショップはオリオスペック(税込79,800円)とパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店(税込77,414円)だ。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 Tawashi/池西 樹
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop